ギフトコンシェルジュ・真野知子さんの「おいしいギフト」。今回ご紹介するのは、『おむすび 百千(ももち)』の47都道府県ふる里おむすびです。

東京駅構内の京葉ストリートにリニューアルオープンした『おむすび 百千』は、47都道府県のご当地メニューを取り入れたおむすび専門店。たとえば北海道なら「じゃがバター」、栃木県は「揚げ餃子」、広島県の「広島菜」、長崎県は「豚の角煮」などなど。さらにベーシックな定番メニューもあって、ショーケースの中は目移りしてしまうほど。子供も大人も迷いに迷って選びぬく、そんな楽しさもある。

中でもひときわ存在感を放っていたのは、愛知県の「えび天むす」。見て、このそびえ立つえび天! まるで名古屋城のシャチホコ? そんな圧巻のルックス。口に運ぼうとして、しばし眺める。いったいどこから食べ始めよう…ガブッとシッポから? それとも…と悩んだり(笑)。京葉ストリート店限定は、山形県の「牛沢米沢牛」。米沢牛のそぼろが詰め込まれたおむすびの上部には、コマ切れの米沢牛がのせられていて、甘辛いタレが絡まって、ご飯に合う〜。

お米は特Aランクの長野県飯山産みゆき(コシヒカリ)「幻の米」を使用。冷めても甘みがあるのが特徴で、海苔は九州有明産の最高級海苔。それらすべてが手作り製法でふっくら&やわらかく握られている。あなたのふる里の懐かしい味が、きっと見つかるはず。

左から、広島菜¥230、京葉ストリート店限定の牛沢米沢牛¥290、1番人気のえび天むす¥290。背の高いえび天むすは専用ボックスもある。

おむすび 百千 京葉ストリート店 東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内1F 京葉ストリート TEL:03・6268・0518 8:00〜22:00 無休 JR品川駅構内などにも店舗がある。「千葉県の『めざし』もえび天に負けじとそびえたっていて、ある種のエンターテインメント性を感じます」と真野さん。

まの・ともこ ギフトコンシェルジュ。金沢の金箔メーカー、箔一の婚礼ライン「HAKUICHI Wedding」を監修。

※『anan』2018年2月7日号より。写真・清水奈緒 スタイリスト・中根美和子 文・真野知子

(by anan編集部)