20回目交渉官会合の模様=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の産業通商資源部は4日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の21回目交渉官会合が5〜9日にインドネシア・ジョクジャカルタで開催されると発表した。

 韓国からは産業通商資源部、企画財政部、農林水産部などの関係者約40人からなる代表団が参加する。

 参加国はRCEP妥結に向け、迅速な進展が必要な商品・サービス・投資などの市場アプローチや原産地分野などについて協議する。

 産業通商資源部は「政府は国益を最大化する一方、合理的な折衷案を模索し、交渉を速やかに妥結させる計画」と説明した。

 RCEPの交渉は2013年から始まっており、関税引き下げや投資などの分野で自由化のルール作りを協議している。交渉には韓国をはじめ、日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加している。