ダイエット中に“油は厳禁”はウソ!?逆にキレイから遠ざかってしまうことも!

写真拡大

 ダイエット中というと、「油っこいものは控えなきゃ…」という人が多いですよね。でも、「油はダイエット中でも必要」といわれているって知っていました?

 冷え取りダイエット委員会の「冷え取りダイエット:『冷え』があなたを太らせる」(株式会社パンダ・パブリッシング刊)によると、まったく油を取らないでいると便秘になったり、肌がかさついたりするのだとか。キレイになるために油を控えているのに、逆にキレイから遠ざかってしまっては本末転倒。どうやら、ダイエット中でも油は本当に必要なようですね。

 油が必要といっても、ポイントは「いい油を摂る」こと。中でも、脂肪になりにくいオメガ3系の亜麻仁油、えごま油、しそ油、なたね油などを適量摂るといいそうですよ。また、オメガ3系の油は、EPA、DHAなどの必須脂肪酸を豊富に含むイワシやアジ、サンマなどの青魚にも含まれているとか。なので、魚を食べる回数を増やしたり、亜麻仁油などをサラダにかけたりするのがオススメだそうですよ。

 油の摂取以外でも、魚はタンパク源として、ダイエット中にいいといわれています。ボディワーカー森拓郎さんの「太りグセ改善ダイエット」(マガジンハウス刊)では、タンパク質が不足すると健康的な細胞をつくることができず、代謝が低下して体脂肪が燃焼できない他、冷えや肌荒れを招くこともあると書かれています。体重1kgに対して、毎日1gずつのタンパク質が基本なんだそうですよ。ちなみに、魚介類を選ぶときには、養殖ものより天然ものを選ぶなど、質の高いものを選ぶのもポイントです。

 ダイエット中だからといって、何もかも我慢する必要はないんです! 肝心なのは、それぞれのメリットデメリットを理解すること。今回紹介した油の摂り方をぜひ取り入れて、無理のないダイエットを実践してみましょう!