アップルが「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラムを実施!

Appleは2日(現地時間)、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」のごく一部の個体においてメインロジックボードのコンポーネントの故障によってステータスバーに「圏外」(モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)と表示される場合があることが判明したとして『「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム』を実施するとお知らせしています。

問題が確認されているのは、iPhone 7が発売された2016年9月から2018年2月までの間に製造され、日本を含む中国・香港・マカオ・米国で販売されたiPhone 7で、対象製品でこの問題が起きた場合には無償修理に対応するということです。

またこの問題が起きていたものの、すでに有償で修理をしている場合には、同社からメールで連絡を送った上で返金するとのこと。ただし、この問題に関係があると思われる修理を有償で行ったにもかかわらず、2018年3月末までにメール連絡がない場合は、同社に問い合わせるよう案内しています。


「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラムの対象となるiPhone 7のモデル番号については以下の通り。日本でNTTドコモやau、SoftBank、Apple(SIMフリー版)から販売されているものはすべてこのうちのモデル番号「A1779」となるため対象機種ですが、無償修理となるのは該当の問題が起きている場合となります。

販売国・地域モデル番号
中国A1660、A1780
香港・マカオ・米国(プエルトリコと米領ヴァージン諸島を含む)A1660
日本A1779

モデル番号はiPhone 7の背面にある「iPhone」ロゴの下や、「設定」→「一般」→「情報」にて「モデル」の部分を1回タッチすると確認できます。なお、無償修理の前にAppleにて実機検査を行い、該当のiPhone 7が本プログラムの適用対象かどうかを検証するとしており、修理の手続きは以下のいずれかの方法を選んで行えます。

・Apple正規サービス提供店に来店して受付(近くの正規サービス提供店を探すには https://locate.apple.com/jp/ja/ から)
・Apple Store 直営店( https://www.apple.com/jp/retail/ )であらかじめ予約して来店後に受付
・Apple テクニカルサポート( https://support.apple.com/ja-jp/contact )から問い合わせ

なお、本プログラムは携帯電話会社(通信事業者)では取り扱っていないとのこと。また実際に修理に出す場合には事前に「iCloud」またはパソコン(PC)にiPhoneをUSB-Lightningケーブルで接続して「iTunes」にてバックアップしておく必要があります。iPhoneを修理に出す準備について詳しくはこちらをご覧ください。

また修理に出すiPhone 7が画面のひび割れなど、修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります。場合によっては別途修理料金がかかることがあるため、Appleではあらかじめ了承するよう案内しています。

その他、修理を受けられるのは製品の最初の購入国・地域のみとする場合があるとのこと。そして、本プログラムによってiPhone 7の通常の製品保証期間を延長するものではなく、本プログラムはiPhone 7の最初の小売販売日から2年間が対象ということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・iPhone 7 関連記事一覧 - S-MAX
・「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム - Apple サポート
・iPhone 7 - 仕様 - Apple(日本)