車いすテニスのジュニア選手2人を指導する丸山弘道コーチ(撮影:本間正広)

テニスファンにとって待ちに待ったシーズンがやってきた。1月28日、メルボルンで決勝を行った4大大会初戦の全豪オープン・男子シングルスでロジャー・フェデラー(スイス)が優勝。大会連覇とともに、グランドスラム通算20勝を挙げた36歳のベテランは、2017年シーズン序盤のケガと長期休養を乗り越え手にした勝利に感極まり、表彰式で男泣きした。

全豪オープンではもう1人、右肘手術による低迷からの復活で歓喜の涙を流した男がいた。2015年9月の全米オープン以来、実に2年4カ月ぶりのグランドスラム優勝を果たした、車いすテニスの国枝慎吾(ユニクロ)だ。


ケガから復活し優勝した国枝選手(写真:丸山コーチ提供)

現在33歳の国枝はグランドスラム男子シングルスで通算21勝(ダブルス通算20勝)という歴代トップの記録を持つ。

また、障がい者スポーツ大会の最高峰であるパラリンピックではシングルスで2個、ダブルスで1個の金メダルを獲得。全豪オープンを終えた最新の世界ランクは3位だが、2006年から2015年までは世界ランク1位が指定席だった。

そんな国枝を17歳の頃から指導し、世界一へと押し上げたのがテニスコーチの丸山弘道だ。

自身もかつてはプレーヤーでジュニア時代は全日本ランク10位、インカレにも出場するほどの実力者だった。大学卒業後は民間企業に就職し、4年間の勤務を経て実家のある千葉県柏市へ戻った。

そこからテニスの経験を生かし、国枝が競技を始めた11歳の頃から練習拠点にしている吉田記念テニス研修センター(TTC)に再就職。以来、コーチとして健常者テニスのジュニア育成を経て、1999年から車いすテニスの指導にあたっている。

念願だったジュニア育成に本格着手

丸山は国枝慎吾という偉大な世界チャンピオンを育てた経験を、次代を担うジュニア世代の育成に注ぎたいとかねて切望していた。しかし、テニススクール時代はあくまでも一社員。国枝の海外遠征や国枝以外の選手指導、さらには部下をまとめる仕事などが山積し、時間的にも労力的にも余裕がなかった。

しかも、丸山には「自分の特色を打ち出したい」という強い希望があった。そのため2014年に独立。株式会社「オフィス丸山弘道」を設立し、引き続き国枝ともう一人、トッププレーヤーの三木拓也(世界ランク11位)のプライベートレッスンを主な業務としながら、翌年には一般社団法人「道夢」も設立。自社主催のジュニア向けテニスイベントを開くようになった。

その一環として2017年12月、ようやく実現したのが「車いすテニスジュニアチャレンジキャンプ」(13〜15日/静岡県掛川市のつま恋リゾート彩の郷)と題したジュニア世代対象の合宿だった。

キャンプには丸山が全国から招集した小学4年生から高校3年生までの男女12人が参加。中には国内ジュニアランク1位の選手もいるが、選抜基準は現時点での競技力や競技歴だけでなく、車いすテニスが好きという気持ちややる気、会話をした時の反応の良さなどを丸山は重視する。


全国から選手が集まった(筆者撮影)

皆、先天的・後天的に障がいのある子どもたちで、どの子にも父親か母親が付き添っているが、これにはわが子の介助以外に、親にも競技への理解と応援を仰ぐ意味がある。

子どもたちが一番に学ぶ「考えるチカラ」

3日間にわたるキャンプは朝8時45分(初日は朝9時)から夜9時(最終日は8時15分)までスケジュールがびっしりだ。基本プログラムは技術練習とフィットネス指導、各種セミナーの3本柱。指導にあたる9人のコーチの中には世界王者の国枝や世界ランカーの三木ら現役選手が4人もいる。とりわけ国枝はジュニアたちの憧れの存在とあって、子どもたちのモチベーションは大いに高まった。

そんな豪華なプログラムの中で丸山が一番に伝えたのは、自分で考え行動するチカラだ。例えば練習で、深い所にボールを打つよう指示すると、子どもたちは弾道を上げベースライン近くにボールを落とす。だがそこで、「どうしてそういうふうに打ったのか、なぜ弾道を上げると深く打てるのかを尋ねると、十中八九、答えられない」と丸山。

「結局、本質がわからないまま技術だけマスターしている。これは指導者の責任で、選手にはまず自分で考えるチカラを身につけさせなくてはならない。そうでないと練習で打てるボールも試合では打てなくなってしまいます」と言う。

だから丸山はアドバイスの時、決して答えを言わずヒントを与えたり、選手との会話の中で本人から答えを引き出したりしていく。想像以上に根気の要る作業だが、それが指導者の仕事であり「コーチング」だと丸山。何でも教えるだけの「ティーチング」では真の実力は育たないと主張する。

考えたことは行動に移さなければ意味がない。そこで丸山は選手にテニスでも日常生活でもクイックレスポンス(素早い反応)を求める。そうすることで次の思考と行動を起こさせるようにしているのだ。「テニスではレスポンスがすごく大事。国枝や三木との会話や彼らの行動すべてにおいてスピードを求めています」と丸山。日頃の生活はテニスにも出るという。

さらに、「何事も段取りが9割、残りの1割は対応力」とも。試合当日はどんなアクシデントがあるかわからない。そんな時でも、余裕を持って対処し落ち着いて試合に臨むには、事前の準備がいかに出来ているかにかかっていると考える。

「国枝も1試合に1本、出るか出ないかのショットもおろそかにせず、しっかり練習します。それは何が起こるかわからないから。私がテニスの指導や他の仕事で感じるのは、世の中、準備不足で行き当たりばったりの人がいかに多いかということ。私も決して完璧ではありませんが、常に危機感を持っていて、準備をしっかりすることを心がけています」

大人でも耳の痛い話だが、自分にも他人にも厳しい丸山は、「生意気な言い方かもしれないけれど、それがプロ」ときっぱり言ってのける。世界の頂点に上り詰めた国枝もこうして鍛えられてきたのだ。

世界王者の国枝が子どもたちに明かした強さの秘密

その国枝もキャンプ最終日の夜に開かれた自身の特別セミナーで、子どもたちから寄せられる質問に対し、強さの秘密を惜しみなく披露。「練習前は『今日のプラン』をノートにまとめ、練習の目的を明確にしてコートに入る」「試合の大事な場面でポイント確率の高いプレーを選択するには、自分の得意なプレーとそうでないプレーを理解し整理しておく」「試合中はどんな時でも常に冷静に、何が起きているのかを分析している」「目標設定はできるだけ細かく具体的に」などと語った。


集まったジュニア選手からの質問に真摯に答える国枝選手(筆者撮影)

とりわけ、思ったことを的確に言語化し伝えるというのは丸山が重視していることでもあり、国枝いわく「例えばフォアハンドがうまくなりたければ、そこから一歩踏み込み、フォアハンドのクロスの角度あるショットが打てるようになりたいとか、相手をコートの外へ追い出すもっとスピンのかかったショットが打てるようになりたいと表現することが大事」と説明。

世界王者の説得力ある一言一句を聞き漏らすまいと、子どもたちは終始、真剣な眼差しを向けていた。

ちなみにセミナーというと、講師が一方的に話した後で最後に質疑応答というパターンが多いが、国枝のセミナーは最初から最後まで子どもたちが自発的に質問する形式が取られた。これも自分で考え行動することの大切さを教える丸山のアイデアである。

丸山コーチの活動を企業がサポートする理由

「車いすテニスジュニアチャレンジキャンプ」終了の翌日からは同会場で、第3回を迎えた「ドリームカップ車いす選抜ジュニアチーム戦」が2日間にわたって開かれた。そこにはキャンプに参加した12人に、さらに12人の小中学生が合流。東日本チームと西日本チームに分かれて団体戦に臨んだ。

キャンプにもチーム戦にも、それぞれ特別協賛企業がついている。キャンプは通信大手の「NTTコミュニケーションズ」、チーム戦の方は国内保険会社大手の「日本生命保険」(以下、日本生命)だ。


実際の試合風景(筆者撮影)

2020年の東京パラリンピック開催が決まって以来、障がい者スポーツを支援する企業は増加傾向にある。しかし、その多くはすでに実績のあるトップ選手やチーム、つまり2020年の活躍を見込んでのもので、そこに間に合わないであろう小中学生中心の育成事業を支援するというのは珍しい。

その目的について、3年連続でチーム戦に協賛金を出す日本生命のオリンピック・パラリンピック推進部東京2020推進担当課長の荻野祥太さんに話を聞くことができた。

「一番の理由は、生命保険=お客さまの人生を支えるという点と、スポーツ=アスリートを周りの人が支えるという点に親和性を見出しているからです。特に障がい者スポーツは健常者スポーツ以上に、周囲のサポートがより必要。それがお子さんともなればなおさらです。そこで弊社では車いすテニスでトッププレーヤーを夢見る親子の皆さんを応援しています」

日本生命では他にも2017年度から「日本車いすバスケットボール連盟」のオフィシャルパートナーとして協賛を始めるなど、障がい者スポーツのサポートに力を入れている。

男子では国枝、女子でも現在23歳で最年少年間グランドスラムやリオパラリンピックのシングルス銅メダルを持つ上地結衣(エイベックス)らスター選手の誕生や、2020東京パラリンピックの開催決定などが、車いすテニスの認知度アップと競技普及の追い風となっている。

また、2009年から健常者テニスのグランドスラムと車いすテニスのグランドスラムが一緒に行われるようになったことも、車いすテニスのステータスを上げる大きな要因となった。丸山も「パラリンピック以外にグランドスラムという檜舞台があることで、車いすテニスは他の障がい者スポーツ競技に比べ自立の道が開かれていると思う」と話す。

その丸山が今、急務と考えるのが指導者の育成だ。実際、丸山のもとには車いすテニスと身体障がいの専門知識を身につけ指導に情熱を注ぎたいという若いコーチたちが集まり、今回のジュニアキャンプやチーム戦にも参加した。指導環境の整備は一筋縄ではないが、「それも自分の仕事」と言う丸山。多忙な日々に終わりはない。

(文中敬称略)