左がS-Vision、国内大手メーカーに比べ奥行きや臨場感が際立つ

写真拡大 (全3枚)

 東京オリンピックを2年後に控えて、大画面・高画質のテレビが次々と開発され、売り場を賑わせている。しかし、それらを凌駕する新しい映像技術を用いたテレビが開発された。家電業界を30年以上にわたって取材するノンフィクション作家の立石泰則氏がレポートする。

 * * *
 久々にテレビ市場が活況を呈している。

 2011年の地デジ放送移行のためアナログ放送が停止され、一挙にデジタルテレビが普及したが、7年から8年といわれるテレビの寿命期を迎え、買い替えへの期待が高まっているからだ。しかも2020年の東京オリンピックの開催まであと2年。

 家電量販店のテレビ売場では、大画面で高画質を謳った新しいテレビが所狭しと展示されている。それまでのHDよりも約4倍も高精細な画面の4Kテレビ、ディスプレイも液晶から有機ELへ、さらに従来よりも100倍の明るさを誇るHDR(ハイダイナミックレンジ)対応の映像、といった具合だ。

 東京オリンピックを「4KHDR」の大画面で高画質なテレビで楽しみましょう、というわけである。

 そのような流れに棹さすかのように、こちらこそが「新しいテレビ」だといわんばかりに名乗りを挙げたのが、約20名の小さな研究機関「アイキューブド(I3)研究所」(本社、東京・世田谷)である。所長の近藤哲二郎氏は、ソニー時代からテレビの高画質化に取り組み、独立後も2年に1度の割合で新しい映像技術を開発し続けていた。

 しかしこの小さな研究所が世界トップレベルの映像技術(信号処理技術)を持っていることは、社会ではあまり知られていない。

 I3研究所は1月26日、それまで開発してきたデジタル高画質技術の集大成である「S-Vision」と呼ぶ新しい映像システムを発表した。しかも技術の研究開発が専門にもかかわらず、S-Visionを登載した4K対応ブルーレイ(BD)プレーヤーまで作っていた。

 近藤氏によれば、従来のテレビはその名の通り「遠く(Tele)」にあるものを自分の近くに再現する「映像(Vision)」であるのに対し、S-Visionは私たちが普段見ている風景を同じように感じとれるようにした映像なのだという。つまり、その場に居るような感覚をもたらす映像なのである。

 そして近藤氏は、百聞は一見にしかずとS-Visionのデモを始めたのだった。

 視聴会場には、向かって左側にI3研究所製のBDプレーヤーと船井電機の65インチ・4K液晶テレビが、右側には国内大手メーカー製の同サイズの4K液晶テレビとBDプレーヤーが設置されていた。

 ただし前者の液晶テレビでは画像処理技術が外され、液晶パネルにされていた。これはS-Visionの映像技術だけを画面で再現するためだという。しかもHDRにも対応していない。後者は、テレビもプレーヤーもHDR対応製品である。スペックだけを比較すると、S-Visionが圧倒的に不利である。

 コンテンツは、いま流行の「4KHDR」対応BDディスクで、他社の視聴会でもよく使われている「宮古島」の映像だった。

 しかし実際に視聴すると、海水浴を楽しむ人たちのシーンではS-Visionは一番奥にいる人の姿や動きがはっきりと分かり、岩にぶつかる波しぶきも飛び散る水滴がくっきりと見えた。いまにも水しぶきがかかるのではと感じたほどだ。

 さらに画面のどこを見てもすべてに焦点があたっているため、奥行きが感じられ臨場感あふれる映像になっていた。カメラで撮影した場合、焦点のあたった箇所は明瞭になるが、それ以外はボケた映像になる。これはカメラが持つ特性であり、避けられない。

 大手国内メーカーの4Kテレビの画面は、まさにその通りになっていた。焦点の当たった箇所は明瞭だが、それ以外は曖昧なため、どうしても平板な映像になってしまっていたのだ。そのため奥行き感や臨場感が、まったく感じられなかった。

 では、「明るさ」はどうだろうか。

 HDRは従来の100倍以上の明るさを実証できるだろうか。選ばれたコンテンツは、すでに市販されているハリウッドのアクション映画(BDディスク)だった。

 結果から先にいえば、飛び散る血の赤の明るさ、人間の表情、戦闘場面になった工場内のシーン等々、いずれもHDRに対応していないI3研究所のプレーヤーの映像が圧倒的に明るく、そして明瞭な映像だった。しかも視聴が終わったあとで分かったのだが、同じコンテンツでもI3研究所は4KではなくHDタイプを使用していた。

 S-Visionを使えばHDのBDディスクの映像は、4KHDR対応よりも優れたものになる。つまり、コンテンツが4KでもHDRでもある必要はないというわけだ。

 その理由を近藤氏に訊いたが、技術的な説明は文系の私にはほとんど理解できなかった。そこで、近藤氏とI3研究所が目指す映像について話してもらった。

「私たちは、自然が先生だと思っています。私たちが目にする自然の山や海の姿は、太陽の光が反射してそれが目に入ってきたものです。たとえば、木の葉ひとつとっても、たくさんの太陽の光りを浴び、そのいろんな反射によって形や色、明るさを私たちは認識します。それによって、私たちはその場にいるという現実を感じるわけです」

 さらに、こう言葉を継ぐ。

「S-Visionは、私たちが体験している現実感を再現しようとするものです。広々とした海で味わった解放感、木々の間を散策した時に感じた癒やしなど言葉で表せない『〜感』を、映像から感じさせるものです」

 テレビの歴史は高画質(高精細)と大画面の実現を目指したものだ。高画質は4Kで達成され、大画面は薄型テレビで実現した以上は、次のステップへ、新しい映像へ進むべきだというのが近藤氏とI3研究所の考えなのであろう。

 その意味では、これこそ「差異化技術」と言える。かつて世界のテレビ市場を牽引した日本の家電メーカーが再びその地位を取り戻すには、誰が見ても分かる「差異化技術」が必要である。S-Visionを搭載したBDプレーヤーの量産化はまだ決まっていない。採用する国産メーカーが現れることを期待して止まない。

●たていし・やすのり/ノンフィクション作家。1950年、福岡県生まれ。中央大学大学院法学研究科修士課程修了。週刊誌記者等を経て、1988年に独立。1993年に『覇者の誤算―日米コンピュータ戦争の40年』で講談社ノンフィクション賞受賞。2000年に『魔術師 三原脩と西鉄ライオンズ』でミズノスポーツライター賞最優秀賞受賞。『さよなら!僕らのソニー』『パナソニック・ショック』など家電メーカーに関する著書多数。