(「ユニクロ潜入でわかった、ジャーナリストが当事者になるべき理由」から続く)

 なにごともSNSで情報が拡散される時代にありながら、ユニクロでは従業員の発信が禁じられている。SNSで空白地帯になっているからこそ、「当事者」となって報じる意味があった。

 では、ユニクロは今後どうなっていくのか。潜入取材をもとに、デフレ構造で急成長したビジネスモデルを徹底解剖する。(全2回)

◆ ◆ ◆


ユニクロ以外にも、アマゾンやヤマト運輸などへ潜入した横田増生氏

 横田 ネット上では、ユニクロ潜入取材への反響がとても大きかったと編集者から聞きました。

 佐々木 インターネットのユーザーは、ボリュームゾーンとしては、40歳くらいのロスジェネ世代が多い。就職氷河期で、かなりひどい目にあっている人たち。その次に多いのが、ミレニアル世代と呼ばれる20〜30代の若い人たちですよね。

 どちらの世代も一貫して、働き方とか、格差とか、自分たちの生活にリアリティのある経済問題に関心がある。選挙で20代の自民党支持が多くて、上の世代は「なんだそれは」って言っているんですけど、実生活に関係ない「護憲」のようなテーマよりも、目の前で就職が前よりよくなったとか、雇用が増えたとか、アルバイトの時給が増えたとか、そういったリアリティの感じられる変化に敏感に反応します。だから、横田さんのユニクロ潜入取材にも、ネットユーザーは大いに関心を持っているのではないかと思います。

 横田 若い世代の話を聞くと、夫婦共働きで暮らしていても、非正規雇用だと本当に爪に火を灯すような生活をしているケースもいっぱいあるので、取材をしていて胸が痛くなりますね。ユニクロでも、地域正社員は年収200〜300万円程度ですから。

 佐々木 夫婦で稼いでも、世帯年収が400万円ぐらい。かつては共働きなら600万円は超えると言われていた時代がありましたが……。


ウェブビジネスに詳しいジャーナリストの佐々木俊尚氏

かつて入社した早慶卒の社員たちは……

 横田 しかも、半年契約であるとか、雇用形態も昔と比べると変わってきている。十数年前にアマゾンの物流倉庫で働いた潜入ルポを書きましたが、最近は明らかに関心の度合いが高まっています。読者にとって身近な存在が「こんなに苦労しているんだ」という感覚もあるんでしょうね、ユニクロやヤマトに関しては。

 佐々木 「ブラック企業」という言葉が一般化したのも、その間の変化ですね。

 横田 ユニクロって、僕が『ユニクロ帝国の光と影』を書いたときに、けっこう有名な大学からも新卒を採用していたんですよ。早慶からもたくさん入っていましたね。ただ、1年で使い捨てられた店長とか、何年もやっているけど店長になれない若者とか、どんどんドロップアウトしていった。「世界に羽ばたくユニクロ」のようなリクルーティングをやっていましたけれど、実際には海外で活躍できるのは“上澄み”のほんのわずかな人たちの話。上海やパリ、ニューヨーク店のオープニングに立ち会ったといった類いの話が喧伝されていたわけですけど、その前の下積みの長さといったら……。

 佐々木 「グローバルリーダーを求む」といった見せ方をしていましたね。もちろん、外資のコンサル会社から転職してきて、グローバル人材として経営基幹に携わっている人はいるけど、ほんの一握りしかいないわけですよね。ほとんどの人は、そんな「グローバルな業務」には関係なくて、毎日毎日、ひたすら店舗で作業をしているという。これって可視化されていない、「見えない」存在なんです。

 横田 確かに表からは見えてきませんね。

ネットで話題の「キモくて金のないオッサン」問題

 佐々木 一方、メディアは「わかりやすい弱者」的な存在を大事にします。例えば、シングルマザーだったり、在日外国人だったり、障がい者だったり……。もちろん重要なテーマではあるんですが、それさえ取り上げていれば「社会を語っている」ような雰囲気もありました。

 ところが、インターネットの俗語で、「キモくて金のないオッサン」って言われている問題がある。そうした「わかりやすい弱者」から外れる存在――40代男性で、彼女もいなくて、結婚してなくて、年収200万の不正規雇用で、おまけに太っていて金がないって人は、誰からも相手にされない。キモくて金のないオッサン問題。

 横田 キモくて金のないオッサン……。

 佐々木 救いがないんですよ。貧困状態にあるシングルマザーは誰かから手を差し伸べてもらえるかもしれないけど、キモくて金のないオッサンは誰も相手にしてくれない。怖いから。そういう可視化されてない弱者の問題って世の中に根強くあるんじゃないか、という論調がここ最近ネットでよく言われるようになりました。

 横田 ソーシャルスキルがない、空気が読めないという感じですか? キモいっていうのは。

 佐々木 そういうことですね。変に声をかけると、逆に何か言われそうだ、と思われてしまう。そういう人のことって、語りにくいじゃないですか。

 横田 「バレンタイン粉砕」とか叫んでデモをやっているのは、そういう人たちですか?

 佐々木 それでも、粉砕って言えるだけ、まだコミュニケーション能力がある。僕、地方に仕事でよく行くんですけど、自動車工場の近所の道端を非正規雇用らしいおじさんがトボトボ歩いているのを目にして、この人、どういう私生活を送っているのかなって、ちょっと考えたりします。


 

「ユニクロに就職する気はないの?」と聞くと

 横田 なるほど。実は、ユニクロで働く人たちって、主婦や学生が多いこともあって、意外とこざっぱりしています。主婦には夫がいて、学生には親がいるので、収入は比較的安定している。それに一応、アパレル企業ですしね。しかしアマゾンやヤマトの現場となると、もっと生活の淵のギリギリ歩いている人がいた印象があります。アルコール中毒だからなのか、手が震えてタイムカード押せないような人も見かけました。

 佐々木 なるほど。若者たちは「キモくて金のないオッサン」に直接的なシンパシーがあるわけではないと思いますが、それでも話題になっているのは「いつか自分もそうなるんじゃないか」という不安がすごく大きいからではないでしょうか。日本社会って、セーフティーネットが乏しいので。

 横田さんは、ユニクロ潜入中には、学生や若者たちと話すような機会も多かったんじゃないですか。

 横田 アルバイトの作業はチームプレイなので、休み時間にもよくしゃべりましたね。「今、ゼミでこんなことやってます」といった雑談です。僕はよく取材の一環として「このままユニクロに就職する気はないの?」って聞いていました。ただ、誰一人として「うん」とは言わなかったですね。

 佐々木 なぜですか?

 横田 やっぱり、ユニクロでは店長といっても、その上のスーパーバイザーが視察にくると、ヘイコラするわけですよ。スーパーバイザーも、そのまた上のリーダーがくるとペコペコしている。ヒエラルキーが強すぎる組織の中にいて、そんな上司の姿を日常的に見ているわけですから嫌気がさすんでしょうかね。

「人手不足倒産」なんて記事はバカじゃないか

 佐々木 そこに一生いるのかと思うと……。横田さんのルポを読んでいると、アルバイトしている大学生は、みんなコミュ力が高そうですね。ハツラツとした感じの人が多い印象を受けました。

 横田 優秀な若者たちでしたよ。逆に就職活動では、ユニクロのアルバイトは箔がつくというか、「厳しいところで鍛えられた」という評価を受けるのかもしれませんね。

 佐々木 日本社会全体が「人手不足」と言われる状況では、今後ユニクロが働き手を確保することも難しくなりそうです。

 横田 昨年末は、アルバイトでも時給2000円の求人が出てきています。ユニクロは、アルバイトの時給にそこまで出せないですからね。

 佐々木 それはビジネスの構造的に、ですか?

 横田 いや、構造的というよりも、柳井社長の気持ちの問題でしょうね。生産性が上がっていないのに、今以上の時給を払うのは、気持ちとして許さん、ってことだと理解しています。

 佐々木 そうなのか……。

 横田 ただ、100円の鉛筆を50円で買えたらお得ですけど、人件費を半分にしたら、働く人のヤル気まで半分になるじゃないですか。そのあたりの働く人の感情をあまり気にしてないように見えますね。

 佐々木 でも、そういう企業は、退場せざるを得ない時代がまもなくやってくる。

 横田 労働人口が減っていますからね。

 佐々木 最近も、ラーメンチェーンの幸楽苑が50店舗ほど閉鎖しましたね。結局、時給1000円をベースにしてコスト計算している会社は、早晩成り立たなくなる。これは景気が良くなった循環のひとつの現れではあるんだけど、一部の経済メディアでは「人手不足倒産深刻化」なんて書かれていて、個人的には「バカじゃないのか」と思ってしまいます。

 横田 生産性に問題がある、みたいな論調に流れるわけですね。


労働人口は減少している ©iStock.com

これこそデフレマインドからの脱却

 佐々木 結局、「失われた20年」のあいだ、ずっと人件費コストを下げて、切り詰めて、しかも従業員に過剰労働をさせて、ようやく薄い利益をあげてきたビジネスモデルが、ついに終わりを告げようとしているわけです。消費者の側も、多少お金を出しても、いいものを買いたいと少しずつ気持ちが変わってきている。これこそデフレマインドからの脱却に他なりません。

 横田 日本のGDP(国内総生産)の半分は個人消費で、その個人消費が冷え込んだことがデフレ不況の元凶なのに、消費の元手になる人件費が増えたら「企業にとっての重荷だ」と経済メディアが書くわけですから、おかしな話です。

 佐々木 実際、ヤマト運輸が昨年に入ってから値上げをしましたけれど、それに対して否定的な感想を言っている人はあまりいません。あんな大変な思いをして、再配達で苦労しているんだから、少しくらい値上げするのは当然だよね、という空気になっている。ヤマトの配達の人にお給料が少し還元されるなら、それでいいじゃない、と。

 横田 いい流れですよね。ただ、本当に値上げの分が人件費に回るのかどうか、その点はしっかりチェックしないといけませんが、ようやく「失われた20年」が終わりを告げそうな気配はあります。

“昭和脳”の発想では現代の経済はイメージできない

 佐々木 一部ではいまだに“昭和脳”の発想が支配的で、「物価高はけしからん」みたいな議論になる。昭和の時代のイメージで語れるほど社会も経済も単純じゃないので、物価が上がったほうが経済は成長するんだっていう、皮膚感覚でわかりにくいマクロ経済理論をちゃんと理解しないといけない。その変化についてこれない昭和脳の人たちが、最近の情勢に怒っているんじゃないかと思います。

 横田 その点、デフレという特殊な経済環境を追い風に成長してきたでユニクロは、大きくマインドを変えていかないと、今後の経営はしんどい気がします。

 佐々木 商品を値上げしたのも、その一環と言えますね。

 横田 ただ、「品質に見合った正価をいただきたい」と言って2015年から2回にわたって値上げしたものの、結局、消費者がそこまでの価値を認めなかった。ユニクロ離れが起こり、業績が一時的に悪化しました。その点は宅配業との違いです。


にぎわいを見せるユニクロ銀座店 ©文藝春秋

 佐々木 いつも思うんですが、ユニクロって値段のわりにサービスよすぎませんか。あるいは、地方に行って、夕ご飯食べるために回転寿司のチェーン店に入ると、ひざまずかんばかりの接客をされて驚くこともあります。おしぼりの袋を破って、半分剥いて差し出すとか……。一皿100円のお寿司ですよ。ああいう過剰サービスを提供して、それを安い人件費でこきつかうことが、ここ20年で当たり前になってしまっていた。消費者の方も慣れちゃっているのは問題じゃないかと思います。

 横田 ユニクロは、時給1000円で働くアルバイトに対しても「全員経営」なんて言うから、それも非常に問題だなと思っています。でも、もともとのユニクロはロードサイド店だったんです。「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」という名前で、倉庫のような店頭にバーッと服が並べてあって、それをお客さんがレジに持っていくというセルフサービスのスタイルで始まったんです。だから商品の点数も今ほど多くなかったし、店員の数もそんなに必要なかった。

 佐々木 最近だと、新宿のビックロに行くと、どこに何があるのか、まったくわからないですね。

 横田 わからないですよ。ずっと働いていればわかりますけど、お客さんがパッと入ってわからないような配置になっています。だから多くのお客さんは、店員に「この商品はどこにありますか」と聞きたくなるわけです。店舗が大きくなって、商品ラインナップが複雑になればなるほど、店員に対する負荷は大きくなっていくんです。ビックロで僕が働いていたときも、レジから出ていってお客さんの対応をして、またグルッとレジまで戻ろうとすると、何組ものお客さんに捕まってしまう。「これ、どこにあるんですか」「ニットはどこですか」って聞かれる。早くレジに帰してくれー、って心の中で叫んでいました(笑)。

 佐々木 今後を見据えると、ビジネスモデルを根本から変えないと生き残れませんね。

 横田 この変化をすべて労働者に担わせましょう、という動きだけでは対応できません。その点は間違いなく破綻しつつあると改めて感じています。


 

写真=白澤正/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)