老舗菓子メーカー、カンロが2017年9月に主力の「健康のど飴」シリーズに投入した新商品。マヌカハニーや乳酸菌が入っている。健康志向の消費者がターゲットだ(編集部撮影)

インフルエンザが猛威を振るっている。厚生労働省の定点観測調査では、1医療機関あたりのインフルエンザの患者数は1月28日までの1週間で平均52.35人に上り、過去最多を更新した。風邪やインフルエンザのきっかけの一つがのどの乾燥だ。のどの潤いが足りなくなると、細菌やウイルスはのどの粘膜に付着しやすくなり、炎症を起こす。

風邪予防に効果があるとされるのど飴(あめ)だが、健康志向の高まりで砂糖を使う菓子の代表格は苦境のまっただ中にある。民間企業・インテージの全国小売店パネル調査によると、キャンディの市場規模は約2000億円とこの20年ほぼ横ばいだ。ただ、そこから伸び盛りのグミを除くと、ピークだった2003年に比べ約20%も減少している。

そんな中、業界2位のカンロは「逆張り」戦略を貫く。キャッチフレーズは「糖と歩む企業」。その真意はどこにあるのか。

逆張りで「糖」にとことんこだわる

カンロは2017年11月、新たな事業計画を発表。健康を切り口とした商品開発を柱に据えたが、糖へのこだわりはむしろ強まっている。ホームページでは「糖から未来をつくる。」と銘打ち、おなかの調子を整えるオリゴ糖、虫歯を防ぐキシリトールなど、糖質の効能や可能性を正確に訴求していく戦略を明確に打ち出した。


カンロは2017年11月にロゴマークを刷新。社名表記はカタカナから英語になった。三須和泰社長(右)は海外市場への再挑戦に意欲を見せる(撮影:風間仁一郎)

第1弾は社名となっている主力商品「カンロ飴」の刷新だ。60年ぶりに刷新して2018年秋にも発売する。添加物のアミノ調味料の使用をやめ、しょうゆ、砂糖、水飴の3つの素材のみで現在と同じ風味に仕上げるという。

ロゴマークも刷新した。「カンロ(甘露)飴」をイメージしたポップな飴玉のイラストに変更。1912年(大正元年)創業で1920年から飴玉の製造に着手した老舗の「飴」へのこだわりを強く打ち出した形だ。

とはいえ、昨今の糖質制限ブームはカンロにとって逆風ではないのか。米飯や麺類などの炭水化物や砂糖に含まれる糖質の摂取を抑えると糖尿病予防や減量にもつながるとあって、ダイエットを目指す人の関心は高い。カンロの自社調査結果でも20〜60代女性の55%が糖質を気にしてキャンディの摂取を制限しているか制限しようとしているという結果が出ている。

ただ、国民健康・栄養調査では、日本人の糖類の摂取量がWHO(世界保健機関)の推奨する摂取量を大きく下回っており、糖質過多ではない。三須和泰社長も、「長年培ってきた研究技術力から、添加物が少なく、機能性の高い商品を展開していく」と話し、潜在需要の深掘りに自信を示す。

業界トップの「健康のど飴」が定着

カンロは以前から健康に配慮した商品開発もしている。代表的なのが1981年からのロングセラー「健康のど飴」シリーズ。薬効をうたってはいないが、和洋のハーブ入りの商品が風邪の予防を意識する消費者の心をつかみ、同ジャンルのトップブランドを維持する。


カンロは健康志向の高まりをチャンスととらえて、機能性商品を積極投入している(撮影:風間仁一郎)

2017年9月には腸に効くといわれる乳酸菌入りの「たたかう乳酸菌」や、免疫力を高めるといわれるマヌカハニー入りの「たたかうマヌカハニー」などを投入した。

米飯や麺類に比べれば、キャンディを1日数個食べたところで摂取される糖質は限定的。カンロは「珈琲茶館」「紅茶茶館」といったノンシュガーのラインナップも持っているが、どちらかと言うとその売り上げは徐々に減っているといい、消費者はむしろ糖類の甘さを支持している様子がうかがえる。口の中で長時間甘みを楽しむ手頃な菓子として、グミを含めたキャンディ市場には拡大の余地がありそうだ。


販売が好調なカンロのグミ。主力商品の「ピュレグミ」はラインナップを強化している(撮影:風間仁一郎)

今後の成長のドライブは何か。カンロは5年前にいったん縮小していた海外事業での再挑戦を挙げる。ロゴマークでの社名表記を英語にしたのも海外市場を意識してのことだ。

カンロは、1990年代から台湾や香港に進出。香港では現地の「お菓子ランド」という小売りチェーンなどで販売しているが、店頭の主力ラインナップにはなっていないため、カンロにはうまみが小さい。

そこで2018年からは、大株主の三菱商事の協力も得て東南アジア全域でスーパーやコンビニ向けの販売ルートを開拓していく。当面は飴の輸出から着手し、成長しているグミも生産能力増強と軌を一にして本格展開する予定だ。中長期的にはアジア各国での現地生産も視野に入れ、20年後には海外売上比率(現在は1%程度)が国内売り上げと並ぶ水準にまで拡大させる方針を掲げる。

「海外市場攻略はまだ間に合う」

2017年12月期の第3四半期(1〜9月期)の売上高は151億円(前年同期比6.1%増)、営業利益4億5500万円(同92.1%増)と好調だ。キャンディ市場全体が振るわない中で、飴では主力商品の「金のミルクキャンディ」や「スーパーメントールのど飴」などが伸長。成長商品のグミでも「ピュレグミ」「カンデミーナグミ」がコンビニ向けにヒットを続けた。


「金のミルク」に続くヒットを出せるか。商品力は海外攻略の成否も左右する(撮影:梅谷秀司)

利益率の高い主力商品のヒットに加え、原価改善や廃棄ロスの低減などのリストラが寄与している。2月8日に2017年12月期の本決算発表を控えるが、売上高210億円(前期比6.5%増)、営業利益は会社予想の8.3億円(同40.3%増)を上回る9億円台乗せの公算が大きい。

成長に向けた次の一手も打っている。グミの生産能力倍増を狙い、長野県の松本工場にラインを新設中で、2018年末までに完成・稼働予定だ。キャンディでは味覚糖や不二家がアジアで先行している。「カンロは(経営環境の)厳しい時代を経て今がある。海外は少し出遅れた感があるが、まだ間に合う。そういう商品を作れると思っている」(三須社長)。

決して”甘くない”海外市場へ、カンロの捲土重来は実を結ぶだろうか。