報道によると、北朝鮮は燃料不足の中、公海上で船同士で積み荷の石油精製品を移し替えていたとされる(写真:フィスラー氏提供)

北朝鮮関連の専門ニュースサイト、NKニュースが1月10日、スイス開発協力庁(SDC)の平壌事務所に4年間務めたトーマス・フィスラー氏のインタビュー記事を掲載した。日本の読者にも有益と思われる貴重な北朝鮮の国内情報が満載だ。NKニュースの許可を得て、筆者が翻訳のうえ、2回にわけて東洋経済オンラインに掲載する。本記事は、その後編である(前編はこちら)。
なお、同氏は見たまま聞いたままの北朝鮮の実情を率直に伝えていると思われるが、度重なる核ミサイル実験で国連などの制裁下にある北朝鮮への批判が手ぬるいとの見方も一部で出るかもしれない。本インタビューへの判断は読者に委ねたい。

NKニュース:コメをはじめとするコモディティ商品の価格はどうですか。変化はありましたか。


板門店で記念撮影するスイス開発協力庁(SDC)勤務中のトーマス・フィスラー氏(写真:フィスラー氏提供)

フィスラー:私の見解では、インフレーションは起きていません。私が得ている情報では、コメ1キロは少なくとも平壌ではだいたい8000ウォンほどで推移しています。コメ1キロはここ数年4000ウォン程度で推移しているとの指摘も承知していますが、場所によってコメの価格は違うのかもしれません。

為替レートも、とても安定しています。ですので、燃料価格の上昇は起きていないし、昨今の制裁でインフレも誘発されてもいません。トランプ米大統領が言った、「(ガソリンスタンドでは)車が長い列をなしている」との声明はまったくのフェイクニュースです。事実ではありません。

重要なことは、経済制裁にもかかわらず、コモディティ商品の基本的な価格に変化がなく、インフレーションも見られないということです。

100ドル札や100ユーロ札を何枚も持っている

NKニュース:北朝鮮の公式給与水準は、月約30ドルから40ドルと言われています。北朝鮮国内でこれらの資金はどこから来ているのでしょうか。

フィスラー:誰もが、私が呼ぶところの、ある種の「収入を生み出す活動」にかかわっています。

私は常々、人々が財布を開け、100ドル札や100ユーロ札を何枚も持っていることを見て驚いてきました。決して裕福とは思えない人も、持っていました。

もちろんスパに行くような大変裕福な人々を目にすることがあります。しかし、彼らは違ったレベルにいる人々です。

財力を判断できる興味深い一例として、ぜいたく品を販売するスーパーマーケットや市場の数を挙げることができます。

フィスラー:冷蔵庫などを売っている、彼らがショッピングモールと呼ぶ場所を考えてみましょう。そこに行けば、中国製なら中国で販売されている価格で、ドイツ製ならドイツで販売されている価格で、それぞれ購入可能な50から60の冷蔵庫が並んでいます。

このような店は平壌周辺で少なくとも20店舗かそこらあることが間違いありません。ですので、現在ではマーケットではおよそ1000台の冷蔵庫がいつでも売られる準備が整っているでしょう。

それらを購買者の数とかけ合わせれば、だいたい状況がどのようなものか推定することができます。

平壌の人々は、公的配給制度(PDS)だけでは生活していません。それだけでは不可能です。


平壌にあるスーパーマーケット(写真:フィスラー氏提供)

NKニュース:PDSは平壌で今も機能しているのですか。

フィスラー:そうです。ある家族が、彼らの必要以上にコメを入手することができるとしたら、それはほかの何かの物と取引されています。

また、PDSの質がかなり違っているとよく聞きました。彼らは何を得るかを知らないのです。それはコメであったり、コメとトウモロコシの交ぜものだったり、芋だったり、大麦だったり……。彼らが入手するものはまったく一貫性がありません。

人の移動が少ない

NKニュース:あなたが勤務してきたほかの国々と北朝鮮を比較するとどうでしょうか。

フィスラー:比較するのはとても難しいです。基本的に、北朝鮮の地方を、たとえば、インド南部の地方とは比較できない。

北朝鮮の人々は基本的に必要最低限の生活を営んでいる。本当にそうです。私は北朝鮮国内で商取引や輸送がまったくないことにいつも驚嘆してきました。

アフリカなどほかの国々の地方では、ものすごい量のバスが人々をA地点からB地点へとつねに運んでいる。市場向けの商品もA地点からB地点に輸送されている。村から隣の都市にといった具合に。このようなことは北朝鮮では見られないし、存在しない。この点が非常に興味深い点です。

私は北朝鮮の沿岸部への出張を思い出します。沿岸の道路では3キロメートルから5キロメートルごとに村が存在します。2時間ほどの間で私は建設用の木材を積んだトラックを目撃しました。ほかには何も見ませんでした。このことから、北朝鮮中の地域では、どれほど商品が取引されず、そして、移動されていないかがわかるかと思います。

NKニュース:そのような地域の人々はどのようにして生活しているのですか。

フィスラー:彼らは概して、政府から何ももらえないとの事実に基づいて、非常に上手に対処するのに長けています。政府から施しが受けられないのは、不運ですが、現実はそうなっています。


地方での製麺作業(写真:フィスラー氏提供)

NKニュース:北朝鮮の人々の生活でいちばん驚いたことは何でしょうか。

フィスラー:人々の政府に対する絶対的な忠誠心の高さです。彼らはシステムを信じています。

彼らは決して外国人居住者に忠実ではありません。このことは、私たちが北朝鮮の真実を知っているのか、100%確信できないという状況をもたらしています。

秘密裏で行われていることをどれだけわかっていたのか、そして、それはどれほどオープンにされていたのか。1人の外国人として、その判断がいちばん難しいことです。

印象的な言葉があります。「ちょっと待て。本当はどうであるか、あなたに言うから」。私は旧体制のミャンマーに滞在していました。そこでは自分のスタッフや従業員、さらにはコミュニティでの一定の状況が存在していました。警備され、誘導され、その時はつねに監視下に置かれていました。しかし、車の後部座席に座っている瞬間になれば、現地のスタッフは「私に説明させてください。あれはこれこれこうで、理由や目的、取材などはこうです」と言うでしょう。そして、物事の全体像を理解できます。

こうしたことが北朝鮮では不可能です。私たちが何を見て、何を理解できるのか、北朝鮮の検閲は強力です。

北朝鮮に人道支援を行っている理由

NKニュース:北朝鮮は特別なケースで、政府が多大な検閲を行い、情報をコントロールし、人権侵害をしていることから人道支援を行うべきではないと主張する意見もあります。政府が核ミサイル開発に金をつぎ込み、国民を食べさせていないなか、なぜ支援しなければならないのか。

フィスラー:まずいくつかの数字を明確にさせてください。現在北朝鮮への人道支援の総額は年間4500万ドルから5000万ドルの範囲で、最大でもおそらく6000万ドルほどです。この数字自体は実際、重要ではありません。これは年間1人当たり2ドルから3ドルで、平均値としてみれば何でもありません。ただ、本当に援助が必要な人々に支援を集中できれば、大きな違いを生みます。状況を改善することができるのです。

ちなみに、スイスの北朝鮮への人道支援額が年間1000万ドルから1200万ドルで、全体の約20%を占めております。2国間では最大のドナー(贈与者)です。

援助機関の存在や私たちの職務をモニターし、実行できる能力によって、初めて援助を必要とする人々にきちんと届いているかが保証されることになります。4年間の勤務後、このことは本当に真実だと結論づけることができます。

ですので、政府が国民をまったく無視し、核開発にばかり資金を費やしている国を私たちが支援しているという指摘は、かなり単純化しすぎています。

フィスラー:北朝鮮で必要とされていることは、政府が軍事に費やしているよりもはるかに大きい。外国貿易は試算をする主体によって違いますが、現在、30億ドルから60億ドルと推定されています。80%から90%が中国との貿易です。おそらく2017年は減少したでしょう。しかし、50億ドル程度に違いありません。

しかしながら、韓国の年間軍事費は350億ドルです。韓国の軍事費だけをとっても、北朝鮮の年間貿易額の7倍の大きさになるのです。

また、私がたまたま知った別の統計ですが、スイスの毎日の外国貿易は20億ドルになります。一方、北朝鮮の年間の貿易量が50億ドルです。このことは留意しておく必要があります。


当記事は、NKニュースからの翻訳記事です

NKニュース:しかし、北朝鮮国民が自力で生きていかなくてはいけないような状況に置かれているのであれば、北朝鮮政府は最も貧しい人々に対してより責任を負うべきではないでしょうか。

フィスラー:業務レベルでは、政府は面倒が見られる範囲で、国民の面倒を見ていると思います。彼らは単にそれ以上できないのです。

もし核プログラムへの支出を全部取りやめ、経済につぎ込むとしても、2500万人の国民の基本的ニーズを満足させるのには、はるかに不十分でしょう。


北朝鮮の地方での貯水槽建設作業(写真:フィスラー氏提供)

私は核計画をめぐる具体的な数字を知りません。誰もわからないでしょう。でも、せいぜい数億ドル程度にとどまるでしょう。間違いなく10億ドル以下です。私は2億ドル程度とみています。

北朝鮮には約100万人の兵士がいます。彼らは職業軍人です。しかし、彼らは自らを養うことができます。その意味では、彼らのコストはゼロです。

ですので、北朝鮮政府は100万の軍隊にもっと支出し、面倒をみろとは言えません。彼らはインフラをつくるなど、労働力です。経済の一部なのです。

経済の正確な分析は難しい

NKニュース:そうしますと、あなたはたったの2億ドルが核開発に使われ、一部のアナリストが指摘しているように、軍事にはそんなに使われていないとみているのですね。

フィスラー:繰り返しになりますが、これは個人的な見解です。どのようにして実際の数字を知ることができるでしょうか。平壌にいる誰もが、そのような数字をあなたに与えることはできないでしょう。いずれにせよ、これらの数字は試算することがとても難しい。

教育セクターや公衆衛生セクターへの予算が実際にいくらかは言うことはできません。なぜなら、職員の給与をどのように考慮すればよいのかわからないからです。彼らは基本的にPDSで給与を支払われています。

フィスラー:いくつかのシンクタンクがそれらの額を試算していることは知っています。しかし、それらはあいまいで、試算することはとても難しい。

もっと関連性があって興味深いことは、平壌の家庭が月にユーロやドル換算でどれほどの額を使うことができるのか、キャッシュフローを追うことです。これこそが興味深い数字で、国民の富について重要なことを物語るものです。同じことが地方でも当てはまります。

例を挙げます。以前、道路で止まっていると、若い男性が歩いて近寄ってきて、野生の朝鮮人参の根を売ろうとしました。野生の朝鮮人参は最高級品ですので、平壌では約300ドルの価値があります。しかし、この男性は平壌には行くことができない。それで彼はそこで100ドルで売っている。道路沿いでそれを買った人は誰でも、平壌に運んでいき、2倍か3倍の価格で売っています。ですので、この若い男性とその家族の購買力はこの瞬間、100ドルになります。


北朝鮮の地方にあるソーラーパネル施設(写真:フィスラー氏提供)

地方の村の60%の家庭が電力向けのソーラーパネルを持っていると言っていいでしょう。その設置料金は、大きさにもよりますが、最低150ドル、最大300ドルから400ドルになると思います。ですので、人々は150ドルの何かを買うことのできるキャッシュを入手できているに違いありません。

なるほど、確かにソーラーパネルは毎月買わないかもしれません。しかし、一度だけのソーラーパネルを買います。それから、100ドルに及ぶ携帯電話なども買っています。

北朝鮮の人々に外の世界を知る道をつくるべき

NKニュース:国際社会と北朝鮮との関係を俯瞰してみて、対北朝鮮外交で欠けているものは何ですか。

フィスラー:あらゆる形のコミュニケーションを断つことは、逆効果になると思います。対話を維持し、意見を交換し、両者が互いの内部の状況に出入りできるようにすることは、外交の核心だと思います。

このことは、両者ともに当てはまりますが、北朝鮮の人々が海外に旅行し、見ることができるものや見たいものを見せなければならないことを意味します。そして、そうした外交チャンネルを切断することは、おそらく間違った方法でしょう。

どのような変革や変化もそれが起きるのは、人々が外部で何が起きているのかをよりよく知っている場合に限られると私は思います。 そして、非常にぎりぎりのレベルでは、外部の世界を知らせる機会を提供することも、私たちの職務です。

私が誰かを壁に向かって押せば押すほど、その人は合法的ではない手段を用いて、より必死になって行動するでしょう。また、もし制裁が彼らを窒息させる水準にまで達した場合、彼らは不法な行動に移るでしょう。