“J1覇者”の川崎、“ACL王者”浦和に6-3と快勝! 大久保復帰の攻撃陣が2本目に爆発

写真拡大

沖縄で“豪華なトレーニングマッチ” 45分3本の1本目は浦和が2-1で制す

 昨季のアジア王者とJ1リーグ王者による“最も豪華なトレーニングマッチ”が沖縄で実現し、川崎フロンターレが得点力を見せつけた。

 3日に45分3本の形式で行われた浦和レッズと川崎の今季“初顔合わせ”は、3本トータル6-3で川崎が勝利した。

 双方ともに主力級を揃えた1本目は、浦和が効果的な試合運びを見せた。11分に、左サイドからMF武藤雄樹とのコンビネーションで抜け出したMF柏木陽介がクロスを送ると、ファーサイドで新加入のMF武富孝介が落としたところに走り込んだMF長澤和輝がボレーシュート。これがゴールポストを叩き、跳ね返りを武富が決めて先制した。

 川崎も24分にDF谷口彰悟がCKからヘディングで決めて追いついたが、浦和は28分に右サイドから武富とのコンビネーションで柏木が突破してゴール前に進出。丁寧なラストパスを長澤が押し込んだ。谷口が「アジアを戦い続けたチームで、球際の強さ、攻守の切り替え、寄せの激しさは他のJリーグのチームと全く違う」と話したように、川崎のパスワークを守備で寸断した浦和が1本目を2-1で制した。

 2本目に入ると公式戦を1週間後に控えた川崎と、3週間後の浦和とのコンディションの差が大きく現れ始め、川崎が得意の小気味良いパスワークで一方的にゲームを支配した。FC東京から1年で復帰のFW大久保嘉人は2本目から出場して2列目に入り、MF中村憲剛などとポジションを自在に入れ替えて浦和を翻弄した。

川崎は1週間後の公式戦へ仕上がり順調

 8分には右サイドから完全に崩し、FW小林悠のラストパスに必死に戻った浦和の武富がオウンゴール。19分には小林が鮮やかな中央突破で3人を抜いて決め、浦和が5人の交代を行った後の29分には、浦和の後方でのパス回しをカットしてMF阿部浩之が無人のゴールに流し込み、さらに35分にはDF田坂祐介のクロスを再び阿部が決めるゴールラッシュとなった。浦和も37分に途中出場のFW李忠成のアシストから武藤が1点を返したが、2本目は川崎が4-1で制した。

 3本目に入ると、1本目のスタートから見れば両チームともメンバー総入れ替えとなり、互いに連携不足の面も見られ試合は膠着。それでも35分にCKからFW知念慶がヘディングで押し込み1-0で終えると、3本トータルで川崎が6-3の勝利を収めた。

 川崎は10日に今季初戦のゼロックス杯で天皇杯王者セレッソ大阪と対戦し、中2日の13日にはAFCチャンピオンズリーグの開幕戦で昨季ベスト4の上海上港(中国)をホームに迎え撃つ。いきなりの大一番の連続に向け、仕上がり途上とはいえアジア王者の浦和を大量得点で破り、良いムードで1週間後から始まる公式戦に向かっていけそうだ。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web