オレジャーナの2Gの活躍もあり乾フル出場のエイバルが大量5得点でセビージャに初勝利!!《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽リーガエスパニョーラ第22節、エイバルvsセビージャが3日に行われ、5-1でエイバルが勝利した。エイバルの乾はフル出場を果たしている。

▽リーグ戦ここ3試合勝ちがない8位のエイバル(勝ち点29)は、前節のビルバオ戦から3選手を変更。エスカランテ、フンカ、アレホに代えて、ホセ・アンヘル、キケ・ガルシア、シャルレスを先発に起用した。乾は9試合連続先発出場となった。

▽一方、6位のセビージャ(勝ち点33)もここ2試合は引き分け続き。直近のコパ・デル・レイ準決勝のレガネス戦では、前節のヘタフェ戦に続いて、後半に引き分けに持ち込まれるなど不安定な試合を展開。今節はレガネス戦から6選手変更。今冬レンタル加入のラユン、ロケ・メサ、サンドロ・ラミレスが揃って先発デビューを飾った。

▽アウェイでは0-3で敗れているセビージャに対して、エイバルは開始直後に試合を動かす。自陣からのクリアボールが左サイドのキケ・ガルシアに渡ると、フリーでボックス左に侵入。そのまま左足を振り抜きネットを揺らした。

▽開始から40秒経たない内に先制したエイバルは8分に、エンゾンジのクロスからサンドロ・ラミレスにポスト直撃のヘディングシュートを放たれて冷や汗をかくが、その後もセビージャを押し込む展開に。11分には左CKからオレジャーナがボレーシュートで守護神セルヒオ・リコを強襲。

▽セビージャが攻めあぐねる中、15分に乾がボックス左に持ち込んで、ホセ・アンヘルにバックパス。そこからのホセ・アンヘルの見事な左足アウトサイドのクロスに、右ウイングのオレジャーナが合わせエイバルが追加点を奪った。

▽前回対戦とは打って変わって最高の入りを見せたエイバルだったが20分、サンドロ・ラミレスのトラップに対してダニ・ガルシアがハンドを犯し、セビージャにPKが与えられる。このPKをサラビアが決めて点差を縮められた。

▽序盤から大きく試合が動く展開に沸き立つスタジアム。ホームの声援を背に高いパフォーマンスを見せるエイバルは更なる得点を挙げる。32分、ホセ・アンヘルの左CKにセンターバックのラミスがラングレと競り合いながらも豪快なヘディングを突き刺し3点目を決めた。

▽後半に入っても勢いが衰えないエイバルは、61分にラングレのバックパスを奪ったオレジャーナが自身2ゴール目となる4点目を流し込んでさらに点差を広げる。

▽悪くない攻撃を見せるセビージャだが、サンドロ・ラミレスやサラビアの至近距離からのシュートがGKの好プレーに阻まれ、ポストに嫌われたりとなかなかツキに恵まれない。

▽そんなセビージャに追い打ちをかけるように、83分にはアルビージャが直接FKを決めてエイバルがダメ押しの5点目。ここでエイバルの大量得点劇は終幕を迎え、5-1でエイバルが大勝。セビージャ相手に初勝利を手にした。