出典:https://www.shutterstock.com

エッチの理想は、“お互いが快感を得られる”こと。

彼だけでもなく、あなただけでもなく、お互いが満足のいくエッチをしていくことは、恋愛を長続きさせるコツでもあります。

お互いが快感を得られる、“とろけるようなエッチ”をして、“夜の生活”を円滑なものにしたくありませんか?

 

■お互いにサービスし合う

片方だけがサービスをする関係では、お互いが快感を得られるエッチにはなりませんよ。

「彼のサービスが減ってきた」と言う女性の中には、自分が彼に、全くサービスができていない女性もいます。

彼からのサービスが少ないなら、あなたからたくさんサービスをして、それに応えてもらいましょう。

また、たくさんサービスをされているのに、それに応えていない女性は、しっかりと応えてあげましょう。

時間も体力も必要としますが、サービスは、お互いが快感を得られるエッチにするためには、必要なことなのではないでしょうか。

 

■感覚の違いを合致させる

“性の感覚”は、人によって様々。

エッチの“時間”や“回数”もそうですし、先ほどの“サービス”も、人によって感覚が違いますよね。

それらを“合致”させていく、または、合わせたり合わせてもらったりしていくことで、お互いが快感を得られるエッチになるのではないでしょうか。

長い短い、多い少ない、何をして欲しいなど、“性のコミュニケーション”を密に取り、何を思いどう感じるのか、自分だけでなく相手の声にも耳を傾ければ、より良いエッチになると思いますよ。

 

■お互いの興味に応えていく

男性にも女性にも、“性の興味”はあると思います。

それを“お互いに応えていく”ことも、お互いが快感を得るためのポイントではないでしょうか。

「“普通”のエッチだけでいい」という人もいますが、それでは主観的すぎる“普通”という感覚を、相手に押しつけているだけになってしまいます。

当然、興味が満たされなければ、他で満たそうとしますし、心から快感を得られることなどできません。

男性だけに限った話ではなく、女性にも興味があるでしょうから、“お互いに応え合い”、“満たされ合う関係”を築くことが、お互いが快感を得られる道だと思いますよ。

 

エッチは、相手がいてこそ成立するもの。

“満たされたい”という思いだけでは、相手を満たしてあげることはできませんし、逆も然りではないでしょうか。

お互いが快感を得るためには、“譲歩”することも、“妥協”することも必要ですが、可能な限り満たされ合う関係を築いていくことが、大切だと思いますよ。

【画像】

※  Look Studio/shutterstock

【関連記事】

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

気持ちわるっ!正直理解できない「彼氏の性癖」エピソード

ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【暇つぶし不倫の悲劇編】