スペイン遠征中のU-19日本代表は2日、『U-19インターナショナル・トーナメント』の第3戦でU-19スペイン代表に0-2で敗れ、優勝を逃した。

 1月30日の第1戦・U-19カナリア諸島選抜戦で2-1、同31日の第2戦・U-19チェコ代表戦で1-0と、2連勝で優勝に王手をかけていた日本。今年開催されているUEFA U-19欧州選手権の優勝候補であるスペインに開始から攻め込まれると、前半こそDF谷口栄斗やDF小林友希を中心に無失点で耐えるも、後半14分にカウンターから先制点を献上する。

 1点を追いかけ、MF飯島陸やMF喜田陽、DF東俊希などが惜しい場面を作ったが、後半42分には再びカウンターから失点。そのまま0-2でタイムアップを迎え、2連覇とはならなかった。次回は、3月末にインドネシア遠征を実施する予定となっている。

 影山雅永監督は日本サッカー協会(JFA)の公式サイトを通じ、「ほぼ新しいメンバーで、短い準備期間だったにも関わらず、選手たちは年代を超えてコミュニケーションを取り、攻守に渡って強度を高く保った中でのプレーにチャレンジし、試合毎に成長を見せてくれました」とコメント。

 また、MF福岡慎平は「大会を終えて、チームとして少ない期間の中で団結して戦えたことは本当に良かったと思います。個人としては、もっとゲームを作れる選手になって、基礎の部分をより磨いていかないといけないと感じさせられました。遠征で出た課題をしっかり所属チームで取り組んで、克服できるようにしたいです」と先を見据えた。

以下、試合結果

U-19日本代表 0-2(前半0-0)U-19スペイン代表

▽得点

59分:失点(U-19スペイン代表)

87分:失点(U-19スペイン代表)

▽スターティングメンバー

GK:中野小次郎

DF:菅原由勢、谷口栄斗、小林友希、東俊希

MF:横山塁、福岡慎平、喜田陽、上月壮一郎

FW:宮代大聖、加藤拓己

▽サブメンバー

GK:青木心

DF:安藤智哉、田中康介、中村勇太、加藤慎太郎

MF:関大和、飯島陸、山本理仁

FW:半谷陽介

▽交代

64分:加藤拓己→飯島陸

87分:上月壮一郎→半谷陽介

87分:福岡慎平→山本理仁