セリエAで勝ち点7のベネヴェント、半年+1年延長OPでのサーニャ獲得を発表

写真拡大

▽ベネヴェントは3日、元フランス代表DFバカリ・サーニャ(34)と6月30日までの契約を交わしたことを発表した。この契約には1年の延長オプションが付随している。サーニャはフリーだったため、移籍金はかからない。

▽ユース時代を過ごしたオセールでプロキャリアをスタートさせたサーニャは、2007年夏にアーセナル入り。アーセナルでは、長年不動の右サイドバックとして活躍し、通算285試合に出場。2013-14シーズンにはFAカップ優勝に貢献した。

▽その後、2014年夏にフリーで加入したマンチェスター・シティでは公式戦86試合に出場し、2015-16シーズンにはリーグカップを制覇。3年契約を満了した昨季終了時以降はフリーの状態が続いていた。

▽なお、ベネヴェントはセリエA第22節を終えた時点で勝ち点7の最下位に位置している。『フットボール・イタリア』によれば、延長オプションは残留した際のみ有効となるようだ。