Microsoftが次期Officeスイート「Office 2019」のサポートOSを、Windows 10に限定することを発表しました。

Changes to Office and Windows servicing and support - Windows for IT Pros

https://blogs.technet.microsoft.com/windowsitpro/2018/02/01/changes-to-office-and-windows-servicing-and-support/



Microsoftはクラウドファースト戦略の一環として、クラウドベースのSaaS型Officeソフトとして「Office 365」をリリースしています。しかし、クラウド環境に移行する準備が整っていないユーザーのために、パッケージ版Officeスイート製品も依然として販売しており、次期バージョン「Office 2019」は、2018年第2四半期にプレビュー版のリリース、2018年後半の発売が予定されています。

2018年2月1日にMicrosoftは、Office 2019のサポートOSが、「Windows 10 SAC (Semi-Annual Channel)release」「Windows 10 Enterprise LTSC (Long-Term Servicing Channel) 2018」「The next LTSC release of Windows Server」であると発表しました。つまり、Windows 10のみをサポートし、Windows 7やWindows 8.1はサポート対象外ということです。

また、Office 2019のメインサポート期間は5年でこれまで通りですが、拡張サポートによる延長は従来の5年から約2年に短縮され、2025年10月14日にサポートが終了する予定です。また、インストールはClick-to-run方式のみで、Office Server製品を除きMSIインストーラーは提供されません。