内山/マクラクラン、第3セットを奪われセットカウント1-2でリードを許す[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第3試合(ダブルス)で内山靖崇(日本/北日本物産)/マクラクラン勉(日本)とシモーネ・ボレッリ(イタリア)/ファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦し、第3セットは日本ペアが6(3)-7で落とした。セットカウントは1-2に。

第2セットを7-6(4)で奪い返し試合をイーブンにした内山/マクラクラン組。試合の主導権を争う重要な第3セットは、内山/マクラクラン組が序盤から安定した試合運びを見せた。無理することなくリターンを返し、チャンスボールはしっかり決めるといった堅実なプレー。ボレッリ/フォニーニ組も強力なショットを繰り出して応戦した。

キープ合戦が続き、このセットは両ペアともブレークを奪えないままタイブレークへ突入。

タイブレークはボレッリ/フォニーニ組の強気なショットに苦しめられた。内山/マクラクラン組も喰らいついたが中盤に素晴らしいウィナーを決められ、そのリードを取り返せないままセットを奪われた。セットカウントは1-2。試合は第4セットに入っている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」で対戦中の内山/マクラクラン組(2017年「楽天ジャパンオープン」出場時のもの)
(Photo by Matt Roberts/Getty Images)