EL決勝Tの登録メンバー公開 アーセナル移籍のオーバメヤンは規定で出場不可

写真拡大

UEFA発表 ムヒタリアン、バチュアイら冬の加入選手を各クラブが登録

 欧州サッカー連盟(UEFA)がUEFAヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントに向けたメンバーリストを公開した。

 アーセナルがアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、MF香川真司の所属するドルトムントがベルギー代表FWミシー・バチュアイといった新戦力を登録した一方、アーセナルの目玉補強であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、規定によりメンバー外となった。

 この冬の移籍市場は英プレミアリーグを中心に各クラブが積極的な補強を見せた。中でも大きく動いたクラブの筆頭と言えるのがアーセナルだろう。チリ代表FWアレクシス・サンチェスをマンチェスター・ユナイテッドに放出した代わりに、ムヒタリアンやオーバメヤンといったビッグネームを補強した。

 そのムヒタリアンと負傷で長期離脱していたスペイン代表MFサンティ・カソルラ、U-21ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノスを新たに登録したアーセナルだが、リストにオーバメヤンの名前はなかった。

 前所属クラブでチャンピオンズリーグ(CL)に出場していた選手が新天地でELに出場することは可能だが、UEFAの規約では前所属クラブも同じ大会(EL)に出場している場合は登録が認められないという。ドルトムントは今季CLでグループステージ3位に終わり、決勝トーナメントからELに出場するためオーバメヤンに出場資格は与えられない。

ドルトムントはロイス、サンチョも追加登録

 オーバメヤンを失ったドルトムントはその穴埋めとしてバチュアイ、ペーター・シュテーガー監督の下でレギュラーに抜擢された17歳のFWジェイドン・サンチョ、負傷からの復帰を目指すドイツ代表FWマルコ・ロイスが新たに登録された。

 前所属のバーゼルでCLに出場したスイス代表DFマヌエル・アカンジは登録外となった。前所属クラブで欧州カップ戦に出場した選手を新たに登録できるのは一人に限られるという規定のため、同じ条件のバチュアイの登録が優先されたようだ。

 チェルシーを戦力外となり、アトレチコ・マドリードに復帰したスペイン代表FWジエゴ・コスタやFW岡崎慎司所属のレスター・シティから古巣CSKAモスクワへ出戻りを果たしたナイジェリア代表FWアーメド・ムサらも、新たにメンバーリスト入りを果たした。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images