体重を目安にして「太っている」と「痩せている」の線引きをしていませんか?もちろん体重が重ければ重いほど太っていることになりますが、体重は1日の中で大きく変動しています。ですから、少し前に計った体重を基準にして「太ったor痩せた」と語るのはちょっと間違い。体重の変動の仕方と、「太ったor痩せた」の基準について見ていきましょう。

基礎体重は朝1番の排尿直後

同じ日でも、朝と夜では体重が違います。具体的に言えば、朝の方が軽くて夜の方が重たい傾向にあります。それもそのはずで、朝は何も食べていません。加えて何の運動もしていない状態ですから、胃の中がリセットされていて最も本人の体重に近い状態にあるのです。そのため「基礎体重」と言われるのは、朝起きてから排尿をした直後の体重。眠っている間に胃腸の中の消化活動が終わり、その老廃物である尿が出て行ったことで、朝1番の排尿後には本人の体重が現れるのです。もしダイエットなどで基礎体重を記録したいのであれば、朝の体重を目安にしていきましょう。

夜の体重は「朝の体重+600g以内」が目標

朝が基礎体重なら、夜はいくら増えていても良いのでは…と考えるかもしれませんが、もちろん増えすぎはよくありません。どんなに朝の体重が軽くても、夜に著しく増えていればそれは「食べ過ぎ」です。身体に脂肪がついて、肥満気味になってしまいます。夜の体重は、夕食の直後にはかりましょう。夕食直後の目標体重は「朝の体重+600g以内」です。ダイエット中は朝と夜、両方の体重を記録していくと良いですね。そうすれば1日に食べ過ぎていないか、翌日に体重を持ちこしていないかが分かります。翌朝の体重が前日の朝よりも重ければ食べすぎ、運動不足などが考えられ、それが続くと「太った」ということになります。逆に夜の体重が朝より重くなっていても、翌朝リセットされていれば太ったことにはなりません。

「太ったor痩せた」の基準はBMIも確認

自分の基礎体重を把握し、代謝をチェックするためにも1日に2回体重を測定することが大切になるのです。ところで、太ったかどうかは、この基礎体重だけでなく「BMI」で確認することもできます。BMIとは、「体重(kg)÷身長(m)の二乗」で計算します。例えば160cmで50kgの人なら、「50÷(1.6×1.6)」で19.5になります。BMIは18.5〜25で「普通体重」とされています。肥満、痩せすぎの基準値についてはこちらでチェック。ただし体脂肪率についてはこの限りではありません。もしもBMIを計算して「肥満気味」とされていたとしても、体脂肪率が低ければ、体重の重みは脂肪ではなくて筋肉であることが分かります。俗に「マッチョ」と言われる人たちほど筋肉の重みで体重が増える傾向にありますから、「太ったor痩せた」の基準はBMIと体脂肪率を見比べながら判断してみてくださいね。体重自体は、あくまでもBMIや体脂肪率を計算するために必要な情報の一つです。


writer:さじや