年間売上1000億円超、アート業界に革命を起こした風雲児

写真拡大 (全4枚)

ギャラリーのオーナーというと、日がな一日読書に勤しみ、たまにお得意さんと美術談議に耽る、そんな長閑なイメージを思い浮かべるかもしれない。そういった旧態依然としたギャラリー像を根底から覆したのが、ラリー・ガゴシアンだ。
 
当然、ガゴシアン氏はARTNEWS誌の「アート界で最も影響力のある人」リストの常連だが、メディアの取材にめったに応じないことでも有名だ。最後に登場したのが、2016年のウォール・ストリート・ジャーナルの大特集だが、本邦メディアには近年で今回が初登場だ。
 
インタビューはガゴシアン氏の執務室で行われた。その冷徹な取引から「シャーク」と呼ばれるだけあって、穏やかな表情ながら眼光は鋭い。
 
まずは、展覧会の話から。ガゴシアン・ギャラリーは、美術館に匹敵する規模とレベルの展覧会を催したパイオニアだ。ときには出展作品の8割が非売品になろうとも、ニューヨーク近代美術館(MoMA)等の主要美術館やコレクターから作品を借り、最高水準の展覧会を開催する。必要とあらば、ピカソの伝記作家ジョン・リチャードソンを莫大な契約金で引き抜くなど、とにかくスケールが大きい。


ジョン・リチャードソンのキュレーションによる「Picasso & the Camera」展、2015年。

その資金はどう捻出したのかと聞くと 「人はセカンダリーセールのことを何となく悪く言うけれど、私はビジネスの中で主要な一部だと考えている」と堂々と答えた。セカンダリーセールとは、新作ではない市場に出回った作品の売買だ。多くのギャラリーがバックドアビジネスとして細々と行ってきたものを大々的に展開したのがガゴシアン氏だ。

トップレベルの展覧会を催すことは、ガゴシアン氏にとっての武器でもある。作家遺族から相続作品のエージェントに指名されることもある。ピカソ晩年作品の展覧会は作品再評価のきっかけになり、ピカソの中では評価が高いとは言えなかった晩年に制作された作品に、10倍以上の価値をもたらすようになった。ガゴシアン氏は、アートの本質ド真ん中への投資と、果敢な決断でギャラリービジネスを新たな次元に持っていったのだ。
 
さまざまなコレクターやアーティストの名前が登場したが、17年の5月、ZOZOTOWNの代表取締役社長・前澤友作氏がバスキア作品を123億円で落札した出来事も話題にのぼった。

「今年5月のメトロポリタン美術館での川久保玲を称えたガラパーティで、彼を私のテーブルにお招きしましたが、彼は素晴らしいコレクターだ。偉大な作品を持っているし、まだ若いし、また自分のコレクションに関してもとてもオープンだ」

日本人顧客は他にもいるが、ガゴシアン氏が直接密にやり取りするのは、前澤氏を含めて2名くらいだ。バスキアについての回想も語ってくれた。

「80年代前半、西海岸の私のギャラリーでバスキアの展覧会をやり、その関係で、彼が私の家に泊まっていた。あるときからガールフレンドも泊まっていた。彼女が車を運転することもあって、時折、私も乗せてもらっていた。バスキアは、彼女はいずれ世界的スターになると私に言っていた。それがマドンナだったんだ」


バスキア「New Paintings」展、ラリー・ガゴシアン・ギャラリー(ビバリーヒルズ)、1983年。

ガゴシアン氏がアーティストを語る際によく口にするのが「自分が代理をするアーティスト」という言葉だ。アーティストとの強いつながりを感じさせる。中でも、11年に亡くなったサイ・トゥオンブリーについて話すときに、強くそれを感じた。

「私にとっての彼の存在は、私のギャラリーとアーティストという以上に良い友人だった。一緒に旅もしたりした。また、新たにギャラリーがオープンしたときには、彼に作品を描いてもらった。私が彼にたくさんの作品を求めすぎだと言う人もいたけど、実際彼は素晴らしい画家の上、描くのが早かったんだ。必ずしも時間をかけて描く画家が良い画家というわけでもないしね」。その口調には、長年の戦友を失ったような寂しさが漂っていた。

時間がきたので、撮影のために階下の部屋に移る。事前の打ち合わせですべてが綿密に決まっている。ガゴシアン氏の背景の絵画も候補は3点、それぞれの作品が写った際に明記する著作権帰属先もギャラリーの広報担当からあらかじめメールされてきていた。こちらのカメラマンが試し撮りした画像も、スタッフの目の前で削除させられる徹底ぶりだ。

世界中に散らばる個性的なスタッフたちをどうやって束ねているのかと聞いた。

「確かにギャラリーの看板に載っている名前の人にクライアントは会いたがるけど、人に任せるのは重要だね。幸い自分は優秀なスタッフにも恵まれている。それぞれのオフィスのトップと、ほぼ毎日連絡を取り合っている。そして、2年ほど前から年に4回は各ギャラリーのトップ全員が集まる会議も行っている」とごく普通の組織人としての答えが返ってきた。

数多くの美術界の大物を顧問などに迎えているが、その際も経歴と同じくらい、ギャラリーの文化と相容れるかを見ると語っていたのが印象的だった。


ジェフ・クーンズ「New Paintings And Sculpture」展、2013年。

最後に彼の師匠にして現代美術界のレジェンドであるアート・ディーラー、故レオ・キャステリの言葉を引用しながら、氏にとっての美の基準を聞いた。キャステリ曰く、「美的感性とはマルセル・デュシャンとピエト・モンドリアンのが融合したものだ」。これをガゴシアン氏に言うと、「それはとてもうまい表現だね。でも、私の場合はそう簡単に言い切れないかな。あえて言うとすれば、私が代表しているアーティストたちだろう」
 
そう言うと、撮影を終えたガゴシアン氏はニヤリと笑い部屋をあとにした。さりげない言葉にも、明確なプロフェッショナリズムが感じられた。