内山/マクラクラン、第2セットを奪い返し1-1のイーブンに[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第3試合(ダブルス)で内山靖崇(日本/北日本物産)/マクラクラン勉(日本)とシモーネ・ボレッリ(イタリア)/ファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦し、第2セットは日本ペアが7-6(4)で奪取。セットカウントを1-1のイーブンにした。

第1セットを5-7で奪われた内山/マクラクラン組。しかしゲーム内容は良く、流れがボレッリ/フォニーニ組に渡ったわけではなかった。

第2セットの第3ゲーム、内山/マクラクラン組がリードを奪い40-30で迎えたブレークポイント。フォニーニが自身のナイスサーブで、ポイントを奪ったと思い込み雄叫びを上げた。しかし内山の返球でラリーは続き、フォニーニはプレー中に声を上げて相手の妨害をしたとみなされた。ポイントは内山/マクラクラン組に渡り、第3ゲームは内山/マクラクラン組のブレークとなった。

その後のゲームはマクラクランが積極的にボールに触っていくことで、ボレッリ/フォニーニ組にプレッシャーを与えていった。しかし第10ゲーム、ボレッリ/フォニーニ組の強力なリターンに圧され、ブレークバックを許してしまう。試合はタイブレークにもつれ込んだ。

その後のタイブレークは内山/マクラクラン組が勝負に出る。強気なプレーでボレッリ/フォニーニ組を抑え、第2セットを7-6(4)で奪った。セットカウントは1-1のイーブンになり、どちらに転ぶかわからない展開に。試合は第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」で対戦中の内山/マクラクラン組(2017年「デビスカップ」出場時のもの)
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)