「顔を上げてこのクラブを離れたい」浦和、FWラファエル・シルバの中国移籍を公式発表

写真拡大

浦和レッズは3日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部リーグに所属する武漢卓爾職業足球倶楽部に完全移籍することを発表した。

▽ラファエル・シルバに関しては、先月17日に浦和が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表していた。

▽この度、正式に移籍が決定し、ラファエル・シルバは浦和の公式サイトで以下のコメントを出している。

「親愛なるファン・サポーターのみなさん、すでにご報告していますが、武漢へ移籍することが正式に決まりました。浦和レッズでは、1年という短い期間でしたが、日々、怠ることなく常に自分のベストを尽くすことができたと思います。チームの歴史に貢献をすることができて、誇りに思いますし、顔を上げてこのクラブを離れたいと思います。念願だったタイトルを獲得することもでき、個人的にも男としてすごく成長させてもらいました。このクラブで得ることのできた経験や実績は、自分の人生において掛け替えのないものです。みなさん、ありがとうございました」

▽2017シーズンにアルビレックス新潟から浦和入りしたラファエル・シルバは昨シーズン、リーグ戦25試合で12得点を記録。AFCチャンピオンズリーグでは11試合9得点を挙げるなど、クラブの10年ぶりとなるアジア制覇の原動力となった。