【プレミア第26節プレビュー】日曜にリバプールvsスパーズ開催

写真拡大

▽ミッドウィークに開催された前節は、首位のマンチェスター・シティが順当勝ちを収めた一方、2位のマンチェスター・ユナイテッドと3位のチェルシーが敗戦。シティはユナイテッドとの勝ち点差を15ポイントに広げた。迎える今節は、シティの無敗優勝を止めた3位のリバプールが、前節でユナイテッドを破ったスパーズをホームに迎える一戦が日曜日に開催される。

▽リバプールは前節、ハダースフィールドとのアウェイ戦で3-0と快勝し、得失点でチェルシーをかわして3位に浮上。シティに勝利した次節にスウォンジーに敗れるという嫌な雰囲気だったが、再び勝利を取り戻すことに成功した。さらに、ハダースフィールド戦で主将のヘンダーソンがスタメンに復帰したことが好材料。ファン・ダイクはまだ馴染み切れていないものの、相変わらずマネ、サラー、フィルミノの3トップが強力で、シティに土をつけたアンフィールドでのビッグマッチなら自信をもってスパーズを迎え撃てる。

▽対するスパーズは前節、ユナイテッドを相手にエリクセンと相手のOGにより2-0で勝利。ケインの連続得点記録こそ4試合でストップしたものの、今季最高とも言えるチームパフォーマンスを披露しており、点差以上の完勝で勢いに乗る。次節、ホームでのノースロンドン・ダービーに向けて勢いを持続させるためにも、しっかりと勝ち点を持ち帰りたいところだ。

▽首位のシティは、アウェイでバーンリーと対戦する。前節はWBAを3-0で一蹴し、リバプールに敗れてから公式戦4連勝と相変わらずの強さを見せている。移籍市場最終日にはサネの負傷離脱を受けて、獲得を狙っていたマフレズの引き入れに失敗したことが伝えられたが、それでも十分に質の高い選手が揃っており、ラポルテもWBA戦で上々のデビューを果たした。公式戦9戦未勝利の相手に対して優位は揺るがない。

▽4位に後退したチェルシーは、アウェイでワトフォードと対戦する。前々節は敵地でブライトンに4-0で勝利したが、前節はホームでボーンマスに3-0の惨敗。モラタが離脱中でバークリーもフィットしきれていない状況の中、移籍市場最終日に獲得したジルーの出番があるか。ワトフォードは直近のリーグ5試合未勝利と調子を落としているだけに、アウェイといえど勝ち点3が欲しい。

▽アーセナルvsエバートンも面白そうだ。アーセナルは前節、スウォンジーに3-1で敗戦。この試合ではチェフとモンレアルという安定感のある2選手が失点に直接絡むミスを犯しており、立て直しに向けて不安な状況。ドルトムントから獲得したオーバメヤンがデビューするかにも注目。エバートンは前節のレスター・シティ戦で、デビュー戦のウォルコットが2発を決めて2-1で勝利し、リーグ7戦ぶりの白星を奪取。古巣対決となる同選手のパフォーマンスが注目される。

▽そのほか、年明け以降スタメンが続くも目に見える結果が欲しい岡崎所属のレスターは、好調のスウォンジーをホームに迎える。

◆プレミアリーグ第26節

▽2/3(土)

《21:30》

バーンリー vs マンチェスター・シティ

《24:00》

レスター・シティ vs スウォンジー

WBA vs サウサンプトン

マンチェスター・ユナイテッド vs ハダースフィールド

ブライトン vs ウェストハム

ボーンマス vs ストーク・シティ

《26:30》

アーセナル vs エバートン

▽2/4(日)

《23:15》

クリスタル・パレス vs ニューカッスル

《25:30》

リバプール vs トッテナム

▽2/5(月)

《29:00》

ワトフォード vs チェルシー