<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 2日目◇2日◇TPCスコッツデール(7,261ヤード・パー71)>
アリゾナ州のTPCスコッツデールにて行われている米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」2日目。全選手がこの日の競技を終え、リッキー・ファウラーとブライソン・デシャンボー(ともに米国)がトータル10アンダー・首位タイに立った。
3連覇ならずも…世界NO.1の呼び声も 松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
首位と2打差の2位タイから出たファウラーは、7バーディ・2ボギーと連日の“66”をマーク。スコアを5つ伸ばして首位タイに浮上した。
1打差3位タイには、ダニエル・バーガーとチェズ・リアビ(ともに米国)が続いた。トータル4アンダー・7位タイから出た世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)は、首位と3打差の8位タイで決勝ラウンドに挑む。
ラームと並び、昨年の新人王に輝いたザンダー・シェウフェレ(米国)が5バーディ・1ボギーとスコアを4つ伸ばして8位タイにつけた。世界ランク4位のジャスティン・トーマス(米国)はトータル6アンダー19位タイとなった。
なお、大会3連覇がかかる松山英樹は、母指球近辺の痛みのため棄権となった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「フェニックス・オープン」のリーダーボード
松山英樹が無念の棄権「一生ゴルフができないのではという怖さがある」
R・ファウラーとの「スペシャルバトル」を勝ち抜いた「新スター」【舩越園子コラム】
松山英樹も困惑? スイングの謎に迫られ「僕にも分からない」
PGAツアーきっての飛ばし屋、 T・フィナウがPING契約プロとしてデビュー