一般教書演説でのトランプ大統領。「招待客」のリストを見れば、何が「トランプ流」なのかがわかる(写真:ロイター/アフロ)

2年目は必ず1年目よりも楽になる。これは仕事の鉄則と言っていい。どんなに辛い仕事でも、2年目になると少しは慣れるものだ。前の年の失敗が今年の教訓となるからだ。経験というものは、増えることがあっても減ることはないのである。

トランプ大統領の変身は本物?

ということでアメリカのドナルド・トランプ政権への対応も、2年目になると少し楽になるはずである。思えば最初の1年は何度も不意打ちを食らって、驚いたり頭を抱えたりしたものだ。しかるに幸いなことに判断材料は着実に増えている。


この連載の記事はこちら

1月末から2月にかけての最大の注目点は、トランプ大統領にとって初めてとなる一般教書演説であった。トランプ政権は、ここへきて微妙な変質を遂げている。

”Fire and Fury”なる暴露本の登場に激怒して、かつての腹心、スティーブ・バノン前首席戦略官とは袂を分かった。そのせいか1月26日、スイス・ダボスにおける世界経済フォーラムに出席した際には、世界の首脳や企業家たちを前に、一転して物わかりの良いところを見せたのである。

ダボス演説では、「アメリカファーストというのは、アメリカだけが良ければいいのではない。アメリカが成長すれば、世界全体もそうなるからだ」と述べている。TPPやパリ温暖化防止協定への復帰さえ示唆している。いや、こんな風にまっとうな大統領になってくれるのであれば、世界経済にとってこんなにありがたい話はない。

そもそもトランプ大統領は「ポピュリスト政治家」であると同時に、「ニューヨーク育ちの大富豪」という面もある。いい加減、バノン式の「経済ナショナリスト路線」とはおさらばして、共和党らしい「プロ・ビジネスのグローバリスト路線」に転じても不思議はない。果たして変身は本物なのだろうか。

そこで1月30日に行われた一般教書演説であるが、ホワイトハウスのホームページには当日呼ばれたゲストの紹介欄が作ってある 。議場の上のひな壇に招待客を呼んでおいて、「この会場には××州の○○さんがお見えです。○○さん、ご起立ください。皆さん、拍手をどうぞ!」などと、場を盛り上げるシーンはご覧になったことがあるだろう。

普通は有名人を呼んで、「えっ、あの人が?」などと驚かせるものだが、この辺がいかにもトランプ流で、紹介されたのは無名の人ばかり。減税のお陰で家を建てた腕のいい職人さんとか、カリフォルニアの山火事から子どもたちを救った功労者とか、退役軍人のお墓に国旗と花を飾ろうとした今どき感心な子供とか、およそごく普通の市井の人々である。ホームページの写真をとくとご覧あれ。こう言っては失礼だが、われわれがアメリカに出張した際に出会うような人たちとはちょっと毛色が違う。トランプ大統領が呼ぶ「忘れられた人々」とは、こんな感じの人たちであったのかと思わせる。

垣間見えたトランプ大統領の「可能性」と「限界」

一般教書演説は大統領らしく堂々としていて、価値や理念にも言及し、国民に統合を呼びかけるものであった。反響もまずますで、直後に行われたポリティコ社の世論調査でも演説を聞いた62%の人々が”Excellent”もしくは”Good”と答えている 。そしてリアル・クリア・ポリティクスで見る政権支持率は、久々に40%台に手が届いている 。

とはいうものの、問題も数々あった。大統領への拍手は、共和党側からばかり聞こえてきた。民主党側の議員としては拍手しづらい。移民政策での合意を求める呼びかけの前に、わざわざ「MS-13」という中南米系不法移民のギャングの話を持ち出し、彼らに娘を殺された両親を紹介して見る者の涙を誘う。

そして「アメリカ人もまた、ドリーマーなのだから」(Because Americans are dreamers too.)と訴える。ドリーマーとは、移民の両親に連れられて入国してきた子どもたちを指すのだが、ここでは普通のアメリカ人だって「夢見る人たち」なのだと言う。トランプ支持者は拍手喝采するであろうが、これでは「移民はアメリカ人ではない」と言っているようにも聞こえる。

あるいは1.5兆ドルのインフラ投資を呼びかける部分では、その前に減税の効果を宣伝し、ついでに「年収5万ドル以下の人たちは、オバマケアの保険加入義務がなくなって良かったね!」と民主党側を怒らせるようなことを言っている。この部分は確かに国民から不評であったのだが、将来的にはオバマケアという制度が崩壊するアリの一穴となるかもしれない。などと、いちいち傷口に塩を塗りこんでいるのである。

種を明かせば、ダボス演説は国家経済会議議長のゲーリー・コーンの手によるもの、一般教書演説はスティーブン・ミラー補佐官の作品であった。前者はゴールドマンサックス社出身のグローバリスト、後者はバノンの弟子的な存在で、「もう一人のスティーブ」と呼ばれる人物である。

ダボス演説は全世界のグローバリスト向けに、「物わかりのいい元ビジネスマン」のトランプ大統領を演じていた。一般教書演説では、アメリカ国内のトランプ支持者向けに、「一見、国民に団結を呼び掛けているようで、実は分裂をけしかけるメッセージ」を送っていた。まことに芸が細かいのである。

トランプ大統領が「確信犯」を貫く理由

しかし議会で法律を通して行くためには、本来は民主党に協力を求める方が良いはず。なぜ、こんな風に喧嘩を売るのか。たぶん確信犯なのであろう。トランプ批判の声が高まれば、トランプ支持者たちが黙ってはいない。かならず「俺たちのトランプを守れ!」と立ち上がってくれる。大嫌いな民主党やリベラルメディアがトランプ批判をするのなら、彼らとしては黙っちゃいられないのである。

まさに悪名は無名に勝る。国民が無関心であるよりは、嫌われる方がよっぽどいい。「驚異の視聴率男」の発想は、従来の政治家の発想を超えているのである。

最後の方では北朝鮮問題を長々と取り上げ、「北朝鮮で17か月間も抑留されて死んだ学生の両親」と、「脱北の際に片足を失ったが、今は韓国で人道活動をやっている若者」を紹介した。「北朝鮮はこんなに悪い国」というアピールである。将来的に軍事オプションを行使するための布石なのではないだろうか。

2002年の一般教書演説において、当時のブッシュ・ジュニア大統領が「悪の枢軸」発言をしたときだって、微に入り細にわたって悪行を並べ立てるようなことはしていない。ただ1行、「北朝鮮は自国の市民を飢えさせながら、ミサイルと大量破壊兵器で武装している」と言っただけである。当時の金正日はこれで震え上がった。それが同年9月には小泉首相の訪朝と日朝首脳会談に結びついたのだ。今回の言及は異例と言うほかはない。

かくも物騒なところもある一般教書演説であったが、株式市場の反応は悪くない。昨年2月にトランプ大統領が「議会合同演説」を行ったとき、ダウ平均はまだ2万1000ドルに過ぎなかった。それが今では急騰、一時は2万6600ドル台をつけたほどだ。大統領としては、「これはわが政権の業績」と言いたいところだろう。

2年目のトランプさんは、「ビジネスとマーケットにやさしい大統領」を目指しているようだ。その結果、言動がまっとうになるのは歓迎すべきところ。減税も決めてくれたし、大型インフラ投資も目指している。問題は対北朝鮮政策で、これは「平昌オリパラ」が終わったあたりからが警戒モードとなるだろう。判断材料は増えたものの、今年もトランプ大統領からは目が離せない。

さて、ここからは恒例の競馬コーナーだ。

先日、将棋の佐藤康光九段と森内俊之九段の紫綬褒章受章の記念祝賀会に駆け付けた。会場には、当欄の執筆仲間である山崎元さんも来ていた。筆者の棋力はペーパードライバーもいいところだが、やまげんさんは東大将棋部出身の本格派。ワシらは何も競馬ばかりしているのではないのである。

「ところで山崎さん、将棋の記事は書かないんですか?」

「競馬や株の予想は勢いで書けるけど、将棋は自分より強い人に読まれると恥ずかしいからねえ…」 

そうか、ワシらが競馬の予想を堂々と書けるのは、読者から「どうせアンタも損してるんでしょっ!」と見られているからなのか。ちょっと悔しいが、それももっともな話である。気を取り直して、週末の東京新聞杯(2月4日、東京競馬場11R、G3)を当てに行きたい。

東京新聞杯の本命はサトノアレス本命で

東京新聞杯は府中で行われる古馬のマイル戦。安田記念やヴィクトリアマイルと同じコースだ。しかるにまだ寒いこの時期、本気で勝ちに来る馬も居れば、まだエンジンがかかっていない馬も居る。従って予想が当たりにくい。過去10年で1番人気が1度も来ていない。2日の金曜日に降った雪の影響も気になるところだ。

ここはG1実績があって、有利な内枠を得たアドマイヤリードとサトノアレスを狙い目としよう。いずれもクリストフ・ルメール騎手が騎乗しているが、この週末、あいにくルメールは騎乗停止で、藤岡康太騎手と柴山雄一騎手に乗り替わりとなっている。

「デムルメ」(ミルコ・デムーロ騎手とルメール騎手)が居ない重賞レースは久しぶりな気がするが、ここはサトノアレスを本命、アドマイヤリードを対抗とする。穴認定はリスグラシュー。前回の日経新春杯予想に続いて連勝と行きたいものだ。