画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●保険も込みで月々1万9,800円からの料金プラン

中古車のガリバーを運営するIDOMが、クルマの定額・乗り換え放題をうたって始めた新サービス「NOREL」。もうすぐローンチから2年を迎える同サービスだが、IDOMでは提供エリアの大幅拡大に踏み切り、現状の10倍以上となる会員数10万人を目指す方針を打ち出した。

○提供エリアを全国に拡大

NORELとは、好きなクルマを月々いくらの定額制で借りられて、飽きれば年に3〜4回は乗り換えられるというサービスだ。ガリバーを運営するIDOMは、中古車という資産を活用して同事業をスタートさせた。

車種により金額は上下するが、NORELの最も安いプランは月額1万9,800円(税別)から。3万9,800円のプランであれば、選べるのは5年落ち程度の国産車が中心となる。7万9,800円のプランだと、ジープ「チェロキー」(2015)、メルセデス・ベンツ「E250」(2014)、レクサス「NX」(2015)などが選べる。これらの金額は対人対物無制限・人身傷害3,000万円の任意保険を含む料金だが、駐車場は利用者が用意しなければならない。1台のクルマに90日間乗ると、次のクルマの予約申込みが可能になる。

同サービスで、2016年4月のローンチから現在までに獲得した会員数は1万人弱。2月からは現状で18都府県の提供エリアを沖縄を除く全国に拡大する。2019年2月までの目標は売上高10億円、会員数10万人だという。

このほどIDOMは、メディア向け勉強会でNORELの現状と今後を語った。IDOMでNOREL事業部の責任者を務める許直人氏によれば、NORELが競合するのはレンタカーやカーシェアリングなどではなく、「クルマを所有する」という従来の人とクルマの付き合い方そのものであるという。

●一生のうちに100台のクルマを体験できる!

○クルマの所有をリプレイスする

「ハードウェアとしてのクルマではなく、『移動需要』にフォーカスしないと時代の波に取り残される」。許氏はIDOMがNORELの立ち上げを決めた背景として、このような危機感があったと振り返る。NORELが目指すのは、クルマの「所有そのものをリプレイス」(以下、発言は許氏)することだという。

NORELの特徴は「体験できるクルマの数」だ。「新車の利用年数は平均9年で、リースなら短くて3年、長くて9年といった具合だが、NORELであれば10年で30台、一生に100台も不可能ではない。従来のクルマの所有体験とは全く違う」。それでいて、クルマの利用をやめたい時はいつでもやめられる。この「自由で多彩なクルマ体験」こそが、NORELが打ち出す強みだ。

「レンタカーやカーシェアなどと比較されることもあるが、NORELは所有体験のリプレイスを担うので、一時利用のユーザーとは市場が違う」というのが許氏の見立て。また、「レンタカーやカーシェアリングはフレキシビリティーこそ高いものの、利用頻度の高い人には割高になるので、頻度が上がるようであればNORELの方がお得」だそうだ。

○ローンを組むか、月額契約を結ぶか

NORELの今後について、許氏は「まずは年商10億円を目指して投資を拡大していく。まだまだ認知度は低いので、広告投資には1桁(金額の)違う投資を仕掛けたい」とする。ちなみに、NORELではすでに一定数の契約数を確保できているので、投資を抑制すれば今すぐにでも黒字化を達成することが可能だそうだが、スタートアップでもあるので、まだまだ継続的に投資を増やしていくべき段階だというのが許氏の現状認識だ。

全国展開で需要が増えれば、人気車種が枯渇する可能性がある。対策としてNORELでは、ガリバーグループで投下できる車両を、2月から月間500〜1,000台規模で増やすという。それ以降は、中古車、登録済み未使用車、新車などを持つ他社との提携も視野に、提供可能車両を増やしていく方針だ。

全国展開すれば、日本各地に点在する中古車を、NORELの需要地に運ぶロジスティクスの問題など、対応すべき課題も増えていきそうな感じはする。しかし、クルマが必須という地域は日本中にあるわけだし、ローンを組んでクルマを購入し、月々いくらという金額を払い続ける“所有”から、NORELに“乗り換える”という決断を下す人がいてもおかしくはない。

「残債もなく、ローンも組まず、必要な時に、必要なだけ、好きなクルマで、クルマの体験自体を楽しむ。そんな需要に徹底的にフォーカスしたサービスにより、クルマの所有体験を根底から変えていく」。こういったビジョンのもと、NORELでは今後も事業拡大を図っていくという。