ハワイ諸島最大の島であるハワイ島は、「ビッグアイランド」の愛称でも知られる。その西岸、コハラコーストにたたずむのが、「フォーシーズンズリゾート フアラライ」。このラグジュアリーリゾートを拠点に、この島を遊び尽くします。

 第4回は、リゾート内にある3つのレストランをご紹介します。

まるでビーチハウスのような
カジュアルレストラン


左:テラス席はオーシャンフロント。事前に予約しておけば確実にこの景色を愛でながら食事できる。
右:ケケラ農場のビーツのサラダは、マカデミアナッツ、サヤインゲン、ゴルゴンゾーラチーズなどとともに。濃厚で奥深い味わい。

 「フォーシーズンズリゾート フアラライ」の食材へのこだわりは、前回ご紹介した。そんな食材を使った料理をいただくことができるレストランは、リゾート内の4カ所にある。そのうちの3カ所と、スペシャルディナーをご紹介したい。

 取材の初日のランチを楽しんだのは、メインプールとビーチに面した「ビーチ・ツリー」。オープンエアのレストランで、木の温もりがある天井は5メートルもの高さ。広々としたテラスも気持ちいい。ハワイによくあるビーチハウスをイメージしている。

 メニューは地中海料理がメイン。といってもただの地中海料理ではない。アメリカ西海岸やハワイ料理のエッセンスを取り入れているのだ。パスタやピザなどのイタリア料理も充実している。前回ご紹介した食材見学ツアーの、コーヒーの試飲やカンパチの試食が行われるのも、こちらの「ビーチ・ツリー」だ。


左:「刺身デュオ」、ハワイならではの白身のマヒマヒとマグロ。その奥にあるのはカリフォルニアロール。
右:ピザは、マルゲリータと、マスカルポーネやパルマハムとともにフレッシュなルッコラを載せたものの2種類。

 リゾート到着初日にいただいたランチは、刺身、巻き寿司、焼きたてのピザなど。バラエティに富んだ料理がテーブルに並んだ。ランチだというのに、かなりがっつり食べてしまったのは、どの料理もとびきり美味しかったから。初日から期待を裏切らない、フォーシーズンズリゾートの料理の数々。リピーターが多い理由のひとつがここにある。

 リクエストすれば、ビーチにテーブルをセッティングした、プライベートビーチディナーも可能だ。ということで、後日、ビーチディナーを楽しむことに。


左:ディナーは日が落ちる前の時間帯のアペタイザーから始めたい。
右:トーチの点火は、逞しいハワイアンの男性が駆け抜けていく!

 日が落ちる前にアペタイザーを楽しんでいると、逞しいハワイアンの男性がトーチに点火! ディナーのオープニングに花を添えてくれた。ディナーが始まる頃には美しいサンセットも愛でることができる、最高のロケーションだ。


日が沈むとトーチの炎がきわだち、波の音のBGMと相まって、食事をいっそう美味しくしてくれる。

数々のランキングに名を連ねる
評判のレストラン


入り口には池があり、橋を渡ってレストランに入るようになっている。

 朝食のビュッフェは、なんと、「全米で最もロマンチックなレストラン100店」「ベストアウトドアレストラン100店」に選ばれたという「ウル・オーシャングリル+寿司ラウンジ」だ。

 この素晴らしいレストランで海を眺めながら朝食を楽しむことができるのは、一日の始まりとして何物にも代え難い。もちろん、ディナーも必訪だ。


レストランの中央にはラウンジタイプの席もある。サンセットの時間帯にオススメだ。


朝食のテーブルにつくと、レストランスタッフがオレンジジュースとコーヒー、そしてとびきりの笑顔で迎えてくれる。

 メニューは、「地元」「四季」「匠」をテーマにしている。160軒もの地元農家や漁師と提携し、全食材の75%をハワイ島産が占めるというのだから美味しくないわけがない。

 ディナータイムのメイン料理はグリルと寿司。シェフが目の前で料理を作ってくれるシェフズテーブルや、寿司ラウンジがオープンする。


海を眺めながら、波の音を聞きながら一日が始まる。


アヒポキは、シェフがテーブル脇で仕上げてくれる人気メニュー。

 人気のメニューのひとつは、シェフがテーブル脇で仕上げてくれるアヒポキ。

 「アヒ」とはマグロのこと、「ポキ」とはハワイの伝統料理で、魚介類に、塩、醤油、ゴマ油、海藻、香味野菜などを混ぜた前菜のこと。ハワイに行ったことがあれば名前を聞いたことがあるであろう、ポピュラーな料理だ。


手前は味噌風味のカンパチ、キノコのソテーと青梗菜炒め添え。左奥はエビのグリルで、下に敷いてあるのはスイカだ。その右奧はタロイモのチップス。右端がアヒポキ。

 でも、ここではひと味違う。マグロの切り身に、ククイナッツ、マウイオニオンをプラス、調味料のゴマ油の他に、ハワイの海塩やサンバル、みりん、青ネギが入っているのが特徴だ。タロイモのチップスとともにいただく。

 ユニークなのは、「オーシャンフロントハーベストディナー」と名づけられたスペシャルディナー。これは、他のゲストとともにビーチにセッティングされた大きなテーブルを囲むというもの。様々な国籍のゲストと楽しく食事することができる。


ディナータイムは海に沈むサンセットを愛でながら。

スペシャルな夜は
アットホームかロマンチックか


分譲棟のオーナー専用のレストラン「レジデンツ・ビーチハウス」。

 リゾートの敷地の、海に向かって左端、ゴルフ場に隣接した場所に小さなレストランがある。「レジデンツ・ビーチハウス」だ。直訳すると「居住者のレストラン」となる。


マヒマヒのグリルのパイナップルカレーソースかけ。上に載っているのはグリーンパパイヤだ。

 実は、このレストランは、ゴルフ場を挟んでリゾートとは反対側にある分譲棟のオーナーの皆さん専用のレストランなのだ。

 でも、よく見ると入り口のレストラン名の下に、「ビジタース・ウェルカム」と書いてある。ただし、予約に空席がある場合のみ。当日の15時以降に空き状況を聞くべし。運がよければ、リゾートのレストランとは違う、アットホームな雰囲気でのディナーを楽しむことができる。


サンセットタイムにはビーチで写真を撮るゲストも多い。


日が落ちると、白いパラソルに反射した光がテーブルを明るく灯す。

 最後日のディナーはスペシャルリクエストで、プライベートビーチディナー。場所は、前述の「レジデンツ・ビーチハウス」とは反対側、海に向かって右の端だ。カメが産卵に訪れるビーチでもあり、なんと、私たちが訪れたときにもカメが上がってきた!


ビーチディナーの前にカメに遭遇!

 カメとの遭遇で始まったディナーは、特設ミニキッチンで調理される。前菜の生牡蠣は前回の記事内でご紹介した写真のもの。続いてサラダ、スモークしたカジキ、香ばしく焼いたタイ、コナコーヒーの香りをつけたビーフテンダーロインなど、どれも素晴らしく美味しい料理ばかり。


左:ビーチにセッティングされたテーブル。右側に見えるのは特設キッチンとシェフだ。
右:BGMはウクレレとハワイアンソング。しかも、かなりのイケメン! (笑)

 美しい夕日や、ウクレレと歌の生演奏もあり、最終日にふさわしい、思い出深いディナーだった。


左:ビーチといえども、ワインを注いでくれたり、大皿料理を取り分けてくれたり、サービスはレストランと同様だ。
右:カリッと焼いたタイ。ソースはオゴ(海藻)とマウイオニオンとビネガー。ペアリングは白ワインで。

 「フォーシーズンズリゾート フアラライ」のレストランは、ゴルフコースのクラブハウスにあるステーキハウス「フアラライ・グリル」以外は、すべてビーチに面していて、夕食時には海に沈むサンセットを楽しむことができる。味だけでなく、ロケーションにもこだわったレストランばかりなのだ。

Four Seasons Resort Hualalai
(フォーシーズンズリゾート フアラライ)
所在地 72-100 Ka‘upulehu Dr., Kailua-Kona, Hawaii
http://www.fourseasons.com/jp/hualalai

文・撮影=たかせ藍沙