【速報】錦織圭、復帰第2戦準決勝、第1セットを6-4で先取[ATPチャレンジャーダラス/準決勝]

写真拡大

約5ヶ月ぶりの右手首故障から復帰を果たした錦織圭(日本/日清食品)が、復帰第2戦[ATPチャレンジャーダラス]準決勝に登場。世界ランク234位のジャン・ジェイソン(台湾)と対戦し、錦織は第1セットを6-4で先取した。

錦織は、前週の復帰初戦「男子テニスATPチャレンジャー ニューポートビーチ」で1回戦敗退。2戦目となる「ATPチャレンジャーダラス」では、1回戦でデニス・ノビコフ(アメリカ)にストレート勝ち(6-3、6-3)。2回戦でマティアス・バッキンガー(ドイツ)にフルセットで勝利(4-6、6-4、6-4)。昨日の準々決勝では、世界ランク295位ドミニク・コプファー(ドイツ)相手に、試合序盤で改良中のサーブが入らず苦しむも、安定したストロークで主導権を手繰り寄せ、7-6(3),6-3のストレートで勝利し、4強入りを決めた。

ここまで苦戦を強いられながらも、タフな試合をこなす中で、着実に感覚を取り戻しつつある錦織。準々決勝終了後には「全然納得の行くプレーはできないが、そのなかで少しずつプレーの質を良くして、焦らず徐々に上げていきたい」とコメント。準決勝では、ストロークを主体とした丁寧なプレーに定評のある世界ランク234位ジャン・ジェイソン(台湾)との対戦となった。

試合はジェイソンのサーブからスタート。第1ゲーム、錦織はリターンが少し長くなるなどポイントを失い、ジェイソンがキープする。

第2ゲームは錦織のサーブ。ミスが続いて相手にリターンエースを決められ、いきなりブレークを許してしまう。しかし、続く第3ゲームではフォアハンドからネットに出てプレッシャーをかけるなどして、ブレークバックに成功した。

その後はお互いキープする展開が続き、第7ゲームで錦織はラインギリギリのダウンザラインを決めて相手のサービスゲームをブレーク。続く第8ゲームでは逆に相手にブレークを許して、流れに乗り切れない。

それでも第9ゲーム、錦織は踏み込みが良くなると球威も増してブレークに成功。続く第10ゲームもとって、錦織が第1セットを6-4で先取した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ムトゥア マドリッド・オープン」の初戦を突破した錦織圭(日清食品)
(Photo by Clive Rose/Getty Images)