グルメ中心の屋台が軒を連ねる「寧夏夜市」

写真拡大

台北で地元民のおなかを満たしてきた老舗がそろう「寧夏夜市」。かつてにぎわいを見せた、円状の形が特徴的な観光名所「建成円環屋台街」。

【写真を見る】重層的なと味と香りが特徴の「蛋ホワン芋餅(1個)」(20元)

それに代わる寧夏夜市は、グルメ中心に屋台がコンパクトにまとまっている夜市で、たくさんの老舗グルメが味わえる。今回はそんな寧夏夜市で小腹がすいたら、友人と家族と一緒につまみたい絶品グルメを4つピックアップ!

■ 「蛋ホワン芋餅(1個)」(20元)

塩津家の卵黄とお肉をタロイモペーストで包んでフライ。重層的な香りだ。

■ 「東山鴨頭」(10元から)

新鮮な20種類以上の食材を特製のタレで煮込み香ばしく油で揚げたもの。

■ 「燒●●冰 ※●●=[米へんに麻][米へんに署]」(45元から)

黒蜜と練乳をかけた氷に、焼きたてのピーナツ餅と黒ゴマ餅をトッピング!

■ 「潤餅」(40元)

キャベツ、香菜、焼き豚などの具材を薄皮でラップ。カレー風味で美味!

雙連駅からでも中山駅からでも歩いていけるので、気軽に足を運べるところもポイント!台北っ子の舌を魅了し続けるご当地の味をぜひご賞味あれ!【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー・中居千優)