地方での軍属労働者たち(写真:フィスラー氏提供)

北朝鮮関連の専門ニュースサイト、NKニュースが1月10日、スイス開発協力庁(SDC)の平壌事務所に4年間務めたトーマス・フィスラー氏のインタビュー記事を掲載した。日本の読者にも有益と思われる貴重な北朝鮮の国内情報が満載だ。NKニュースの許可を得て、筆者が翻訳のうえ、2回に分けて東洋経済オンラインに掲載する。本記事はその前編である(後編はこちら)。
なお、同氏は見たまま聞いたままの北朝鮮の実情を率直に伝えていると思われるが、度重なる核ミサイル実験で国連などの制裁下にある北朝鮮への批判が手ぬるいという見方も一部で出るかもしれない。本インタビューへの判断は読者に委ねたい。

平壌の住民は、あらゆる物を入手できている

SDCのトーマス・フィスラー氏は昨年10月、北朝鮮での勤務を終えた。同氏の体験は、北朝鮮を訪れたことのあるほかの多くの外国人と大きく違い、北朝鮮についての非常に多くの識見を与えてくれる。


当記事は、NKニュースからの翻訳記事です

フィスラー氏の北朝鮮赴任は、駐在員の一般的な基準からみれば、かなり長いものだった。多くの駐在員はわずか2年で赴任を終えているからだ。さらに、同氏はSDC協力局長として、ほとんどの外交官が訪れたことのない北朝鮮の遠隔地にも定期的に足を運ぶことができた。

フィスラー氏は昨年12月、NKニュースとのインタビューで、北朝鮮の都市部と地方との違いや経済制裁の影響、人道支援という政治化した問題、さらには多くの北朝鮮ウォッチャーが長年、頭を悩ませてきた国内経済について、多くのことを語ってくれた。


板門店で記念撮影するスイス開発協力庁(SDC)勤務中のトーマス・フィスラー氏(写真:フィスラー氏提供)

注目すべきことに、フィスラー氏は、北朝鮮の人々が首都平壌でも地方でも、配給と公的給与を補うために「収入を生み出す活動」をしていたと述べた。結果として、平壌では高級な冷蔵庫、地方の田舎町ではソーラーパネルという具合に、地元の住民がほしい物を入手できていると述べた。

しかし、フィスラー氏は「地方ではいまだに多大な人道的支援が必要となっている」と指摘し、現在の国際的な支援水準は住民1人当たり年2ドルにとどまっていると述べた。同氏によると、この支援額は、北朝鮮政府が住民に十分に支給したいと望んでいる必要水準には全然足りていない。たとえ同国の核開発計画がなくても、同じだという。

フィスラー氏は全体として、北朝鮮滞在中、同国を理解することが大変だったとの認識を示した。同氏がかつて務めたミャンマーやアフリカ諸国といったほかの発展途上国と比べ、北朝鮮での4年間にはどのようにして物事の仕組みが機能しているのかについて、いまだ答えの見つからない疑問がたくさんあるという。

NKニュースによるインタビューの内容は次のとおり。

衛星放送で100以上のチャンネルを視聴できる

NKニュース:北朝鮮での滞在員としての生活はどうでしたか。

フィスラー:滞在期間中のおよそ3分の1から4分の1は、事業計画推進のために各地に赴いていました。ただ、冬の期間は地方に行くのは大変でしたので、赴いていません。残りの滞在期間はほとんど事務所でオフィスワークをこなしていました。

式典のいくつかに出席したり、関係機関との調整会合に臨んだりしていました。そして、人道支援の状況についての情報を得たり、与えたりもしていました。

NKニュース:北朝鮮では自由時間もあったと思います。現地で生活していて、何か限界というものがありましたか。

フィスラー:明らかなことではありますが、平壌でできることは大してありません。「映画を見に行こう」とかそのようなことを気軽に言える場所ではありません。

しかし、今では、外国人すべてがインターネットへのアクセスができ、インターネットを通じて、情報を得ることができます。スカイプやワッツアップメッセンジャーも使用でき、家族や友達と交信することも可能です。これは重要な点だと思います。

そして、衛星テレビもあります。私は100チャンネル以上の韓国製の衛星放送受信アンテナを所有し、何ら問題が起きませんでした。そして、少しばかりのスポーツもできます。サイクリングに行ったり、水泳をしたり、テニスをしたりです。

NKニュース:韓国製のパラボラアンテナですか。

フィスラー:そうです。その名前は忘れてしまいましたが、韓国製のパラボラアンテナやサービスです。中国を通じて、私たちはそれらのアンテナとデコーダーを入手しました。サービス加入への支払いは、(中国・遼寧省の)丹東のディーラーを通じて行われたと思います。

アンテナ1つと複数のデコーダーを使うことができます。しかし、テレビ1機につき、デコーダーは1つです。そんなに数は多くありません。6、7人がそのアンテナを持っていたと思います。価格はそんなに高くありません。セットアップ料金は約500ドルで、年間サービス料は約100ドルから200ドルです。

サービスには、韓国のテレビの1チャネルではなく、100以上のチャンネルすべてが視聴できます。もちろん私は韓国語がわからないので、韓国のチャンネルは見ませんでした。しかし、10から15ほどのスポーツチャンネルとBBC、CNNインターナショナル、CNNのUS版が見られました。すべてそこで見られるのです。

NKニュース:平壌での移動に関しては、数年前に読んだジョン・エバラード氏の著書『オンリー・ビューティフル、プリーズ』の中で、移動範囲30キロメートルという制限があったと記憶していますが、どうでしたか。

フィスラー:基本的に平壌では私たちは行きたいところはどこへでも行けました。しかし、北朝鮮国民でさえ行けない、特定の立入禁止地域がありました。それら地域は明らかにフェンスで仕切られていました。とりわけ、朝鮮人民軍や朝鮮労働党向けの地域がそうでした。

行ってはいけない場所に運転して行けば、彼らはそのことを知らせ、すぐに引き返すように言うでしょう。しかし、非常に明確になっているので、そのフェンスを乗り越えることはないでしょう。

それ以外には、外交関係者向けのガイドブックがあり、それには誰か同伴者がいなくても、ドライブが認められている場所が明確に記載されています。その中には、元山や馬息嶺スキー場、南浦が含まれています。これらの場所への旅行は問題がありません。

地方の住民は「自給自足」が基本

NKニュース:地元の人々と外国人との関係は通常、どのような感じになっていましたか。

フィスラー:関係は良かったと思います。ただ、関係は良いのですが、親密な関係を築くのは大変難しかったです。人生に関する理解や認識がとても違っています。

北朝鮮の人々を夕食などのために、自宅に招待するのは簡単ではありません。可能ではありますが、2人とか3人とか4人と一緒に招待することになるでしょう。1人だけは不可能です。


冬季期間中の保育園の子どもたち(写真:フィスラー氏提供)

NKニュース:地方の実際の状況について話題を移したいのですが、平壌の生活と、北朝鮮北東部の小さな町の生活とのいちばん大きな違いはどのようなことですか。

フィスラー:彼らがどのようにして生計を立てているかだと思います。地方の場合、農業への依存が大変強い。その一方、平壌市民は今も公的配給制度(PDS)から配給を得ています。そして、物を買うための副収入を稼ぐことを目的に、小規模事業や商取引ができるすべての手段を有しています。

地方での場合、住民はそんなに遠くにまで行かないため、物を買う市場へのアクセスがとても限られています。ですので、基本的には彼らは自らが利用するものは、すべて自ら生産します。これが最大の違いだと思います。

NKニュース:平壌の食料供給の状況はどのようになっていますか。

フィスラー:私の印象では、平壌では人々のために十分な食料が間違いなくあります。食料を満足に得ていないと結論づけられるような様子の人々は見たことがありません。市場では、かなり種類が豊富に売られています。

NKニュース:4年の滞在後、一般的な人道支援の状況についてはどのようにとらえていますか。

フィスラー:間違いなく、地方では多大な人道的支援の必要があります。

国連機関の出版物によると、5歳以下の子どもたちの25%が栄養失調の状況にあるとされていますが、それは地方では間違いなく正しい数字だと思います。このような地区では食料の必要性が大いにあります。

誰も公式レートを利用していない

NKニュース:興味深いのが北朝鮮の市場です。公設と非公認の市場の違いはどのようなものですか。

フィスラー:非公認の市場が大規模に存在しており、受け入れられています。すべてしかるべきものとして受け入れられ、存在しています。平壌では数ブロックごとにこれらの市場を見ることができます。ブロックとブロックの間に市場があるのです。しかし、今後もおそらく正式な市場とか公設の市場にはならないでしょう。

私たちも、外国人が行くことができるトンギル市場に行きました。そこは大きな屋根つき市場です。食料や電化製品、服、靴など何でも買うことができます。


平壌にある公設市場(写真:フィスラー氏提供)

NKニュース:トンギル市場ではどのように支払いをするのですか。

フィスラー:両替所があり、ユーロやドルをウォンに両替して払います。ウォンで払っているのですが、為替レートの違いによって得をしていることはないです。

私が思うに、1ユーロは(非公式レートで)現在だいたい9000ウォンです。たとえば、中国産のりんごを1キロ2万ウォンで買うとすれば、2ユーロから3ユーロほどになります。ですので、レートどおりです。(編集者注:公式レートは1ユーロ約120ウォン)

NKニュース:北朝鮮の当局は、公式レートがあるにもかかわらず、あなたが1ユーロ9000ウォンで両替していることについて、どのように説明していますか。

フィスラー:誰も公式レートを利用していません。公式レートはスーパーマーケットでラベルを付けられている物に関係しています。そして、そこには日々のレートが示されています。

たとえば、何らかの商品が、公式レートの表示とともに、100ウォンとラベルで付けられていれば、それはおよそ1ドルです。

それは単に仮定上の数学の演習なのですが、実質的な価値を有しています。たとえば、もし私がドイツ産の果物ジュース1箱を買えば、私はいずれにしても3ユーロを払います。

「2つの為替レート」の恩恵はない

NKニュース:北朝鮮国民は、この2つの為替レートについて何か言っていましたか。

フィスラー:明らかに、彼らはこの2つの為替レートから恩恵を受けてはいない。ウォンで買える所では、(どちらの為替レートを使おうとも)その価格は結局、同じ水準の価格になっています。

一見したところ、興味深い1つの例外があります。多くの人々が2、3台の携帯電話を持っています。なぜなら、彼らは初期の月額使用料が3000ウォンで買うことができるからです。約60分間の無料通話のサービスも付いてきます。1台を使い続けて割高な追加料金を払い続けるより、安い月額使用料を払って2台を使った方が彼らにとって安くつきます。1ドルが8000ウォン程度ですから、3000ウォンは何でもないはずです(訳者注:外国人滞在者はこうした携帯電話は買うことはできない)。

フィスラー:しかし、もし北朝鮮国民がタクシーを使うならば、彼らはユーロかドル、ウォンのいずれかで払います。そして、料金が3ドルとなり、彼らがウォンで払うつもりなら、2万5000ウォンの支払いになることでしょう。(訳者注:非公式レートを1ドル約8300ウォンと計算)

しかし、実際には誰も、(ユーロの)非公式レートが公式レートの70倍に達するというこの種の仮定上の事実からは恩恵を受けていない。

NKニュース:北朝鮮では最近、燃料価格が上昇しました。しかし、タクシーやバスの料金は変わっていないと理解しています。これはどうしてですか。

フィスラー:私が思うに、タクシーは、外国人がガソリンスタントで払う価格とは違った燃料クーポンを入手できています。それが理由に違いありません。

別の要因としては、基本的に私用車はありません。あってもおそらく少数です。政府の一部公用車は、異なった価格の燃料クーポンを入手できます。これも理由の1つです。興味深い点です。

世界のどこでも、燃料価格を80%とか100%上げれば、物価上昇に伴い、大変なインフレーションになるでしょう。ミャンマーでは、それがサフラン革命のきっかけとなりました。(訳者注:サフラン革命とは2007年8月ミャンマー国内で軍事政権に対する大規模抗議運動が発生したこと。燃料価格の急騰を起因とし、学生や反政府活動家によるデモが行われたが、政府軍によりすぐに沈静化された)

しかし、北朝鮮では変化が起きません。

(後編はこちら)