額賀福志郎氏(右)は額賀派の会長退任を迫られている。写真は昨年12月。来日した韓日議員連盟の姜昌一会長(右)、安倍首相と共に(写真:共同)

自民党額賀派(平成研究会)の会長交代をめぐるクーデターが永田町の耳目を集めている。同派参院議員(21人)が派閥領袖(会長)の額賀福志郎元財務相に退任要求を突きつけ、額賀氏も受け入れざるを得ない事態となりつつあるからだ。通常国会召集直後に表沙汰となった歴史ある大派閥のお家騒動の背景には、今年9月の総裁選への対応をめぐる同派内の親安倍派と反安倍派のせめぎ合いがあるとされ、圧勝での総裁3選を狙う安倍晋三首相サイドも「結果次第では、総裁選の構図が変わりかねない」(細田派幹部)と神経を尖らせている。

この時期に同派参院組が決起したのは、このまま額賀体制が続けば「総裁選もなし崩しで安倍支持となり、派閥としての存在すら問われかねない」(参院幹部)との危機感からだ。額賀氏が派閥会長に就任したのは2009年9月で、すでに在任9年目を迎えている。本来、自民党の主要派閥では領袖が総理・総裁候補となるのが通例で、額賀氏も会長就任時には総裁選立候補を視野に入れていたが、派内長老の反対などで出馬できないまま現在に至っている。

こうした「総理・総裁候補不在」で活気を失った派閥の現状への危機感が今回のクーデター劇につながった。ただ、その背景には1強を誇示する安倍政権への派内の不満や反発もちらつく。「このまま、長い物には巻かれろと9月の総裁選で安倍支持に回れば戦う派閥という看板が泣く」(参院幹部)との声の先には、首相の再登板以来の党・内閣人事で茂木敏充経済再生相や加藤勝信厚生労働相ら派内の「安倍支持派」ばかりが重用されていることへの強い不満があることは間違いない。

「額賀降ろし」の動きは3年前から

もともと、額賀氏は順送りで派閥領袖になった経緯もあり「派内の掌握力が弱い」のが実態。このため、3年近く前から同派の中興の祖でもある故竹下登元首相の弟の竹下亘現総務会長への代替わりを模索する動きが続いてきた。今回のクーデターは「6年ぶりの戦い」となる9月の総裁選をにらんで、額賀氏らの安倍支持を白紙に戻し「状況次第では他候補の支援もありうる」という姿勢をちらつかせることで、首相の1強維持をけん制しようとの狙いもあるとされる。

今回のクーデター劇は1月上旬、参院の額賀派リーダーである吉田博美参院幹事長が秘かに額賀氏に面会を求め、「1月末までに」と期限を切って派閥会長退任要求を突き付けたのが始まりだ。21人の同派参院組の総意として「会長を交代しないのなら、参院全員が派閥を離脱する」と迫る吉田氏に対し、額賀氏は「失うものは何もない」と退任を拒否したが、参院組は1月25日の派閥総会をボイコットし、別の場所で会合を開く事態となった。

吉田氏が求めているのは竹下総務会長の新会長就任だ。現在の額賀派は、「闇将軍」といわれた故田中元首相の下で権勢を誇った旧田中派を割って出て竹下派(経世会)を旗揚げし、総理・総裁の座を射止めた故竹下元首相が事実上の創業者だ。その竹下氏の後継者として選挙区を引き継いだ亘氏の会長就任を目指すのは、派閥の「先祖帰り」を狙ったものでもある。

吉田氏の背後には故竹下元首相の秘書から「参院のドン」となり、政界引退後も参院自民党に大きな影響力を保持する青木幹雄元党参院議員会長の存在があるとされる。青木氏はかねてから額賀氏の派閥運営には批判的とされ、同氏の総裁選出馬にも反対した経緯がある。

額賀氏は産経新聞の政治部記者から茨城県議に転身し、故田中元首相の側近だった故橋本登美三郎元党幹事長の後継者として中央政界にデビューした。故竹下氏の経世会旗揚げには率先して参加して頭角を現し、経世会分裂以降、総理・総裁候補を狙った中村喜四郎元建設相や鈴木宗男元総務相ら派内のライバルがスキャンダルなどで次々失脚した結果、政権交代選挙で自民党が下野した2009年9月に、当時の津島派(平成研)会長だった津島雄二元厚生相の政界引退を受けて後継会長に就任した。

額賀氏は1998年の小渕内閣で防衛庁長官で初入閣したが、防衛庁調達本部背任事件に絡んで参院での問責決議案可決で辞任に追い込まれた。さらに2001年に就任した経済財政政策担当相も金銭スキャンダルで辞任するなど政治的挫折が続いたが、政策通としての評価から2003年には小泉政権での党政調会長に起用されるなど改めて出世の階段を上り始めた。

その後の額賀氏は、2006年の「ポスト小泉」、2007年の「ポスト安倍」の総裁選で出馬に意欲をみせたが、派内の反対などで断念を余儀なくされた。このため、派閥領袖となった2009年9月以降は党内でも額賀氏を本格的な総理・総裁候補とみる向きは少なくなり、2012年暮れの第2次安倍政権発足後は派閥領袖としては唯1人、閣僚や党3役などの要職に就けないという悲哀を味わわされている。

元参院のドンが狙う「竹下派復活」

「額賀降ろし」ともみえる今回のクーデターは、額賀、茂木両氏らの安倍3選支持に対する派内の不満が、参院側の反乱という形で表面化したものだ。特に、首相の政権運営に批判的とされる青木氏は、身内同然の竹下氏を後継会長に就けることで、「復活竹下派」として9月の総裁選でのフリーハンドを握る狙いも透けて見える。

もちろん、会長交代で安倍3選支持を白紙に戻したとしても、派閥として誰を担ぐかの問題は残るが、現時点で吉田氏の念頭にあるのは党内反安倍勢力の旗手でもある石破茂元地方創生相とみられている。石破氏は額賀派に所属したこともある「元同志」(派若手)でもあり、ここにきて、平成研離脱と石破派旗揚げで悪化していた青木、竹下両氏との関係も修復され、竹下氏も昨年11月の石破派パーティで石破氏の総裁選出馬を後押しした経緯があるからだ。

吉田氏の退任要求をいったんは拒否した額賀氏だが、その後の衆院組の意見聴取で派内の厳しい雰囲気を知ると、「(進退は)最終的に私が判断する。時間をかけないで結論を出すことが大事だ」と早期会長退任の可能性もにじませた。後継候補の竹下氏は「派を割ってはいけないし、割れない」と円満決着を目指す構えで、参院側では「額賀名誉会長、竹下会長、茂木会長代行」という新体制が取りざたされている。額賀氏に「名誉ある撤退」の道を開き、総裁選出馬の意欲もみせる茂木氏を同派のポスト安倍候補として認知することで派の結束を維持・強化する構想だ。

2月1日の派閥総会もボイコットした吉田氏ら参院組は「額賀氏が早期に退任を決断しなければ、派を離脱する」と押しまくる構えで、衆院組からも「派の結束維持のためにも額賀氏の退任しか道はない」(若手)との声が広がる。これまで、派内から退任論が出るたびに「分かった、よく考える」と言を左右にして会長にとどまり「まるで『辞める辞める詐欺』みたいだ」と揶揄されてきた額賀氏も、「今回ばかりは絶体絶命」(派長老)の状況とみられている。同派は9月の総裁選に備えて3月14日に派閥の資金集めパーティを予定しており、吉田氏らはこの派閥パーティを新体制のお披露目の場とすべく、額賀氏の早期決断を迫る構えだ。 

今は昔、「自民最強軍団」の落日も浮き彫りに

こうした同派の動きに、「ポスト安倍最有力候補」とされる岸田文雄政調会長が領袖の岸田派も警戒心を露わにする。岸田氏が9月の総裁選での出馬を決断しても、平成研が石破支持に回れば第1回投票で岸田氏が3位となる可能性が強まるからだ。岸田派内では「そもそも、岸田派の多数派工作の基本には、派閥の大先輩の大平正芳、鈴木善幸両政権誕生の原動力となった当時の大角連合(旧大平派と旧田中派の連携)の再現を目指すべきだ」(幹部)との声もあるだけに、「平成研が石破氏支持に傾けば、岸田氏の総裁選出馬見送りに直結しかねない」(若手)との危機意識もある。

こうしてみると、「今回のお家騒動で、逆に額賀派の存在がクローズアップされた」(自民長老)という皮肉な見方もある。ただ、自民党内で「金竹小」と恐れられた故金丸信元副総裁、故竹下元首相、小沢一郎元幹事長(現自由党代表)の3氏で党運営や総裁選を牛耳っていた時代に比べれば「党内への影響力は桁違いに小さくなった」(額賀派幹部)のは否定しようがない。「新体制になっても、所詮は党内第3派閥」(同)という現状は、旧経世会時代に「数とカネ」を誇示する最大派閥として自民党政治を壟断(ろうだん)し、「一致結束・箱弁当」の戦闘力で他派閥を恐れさせた自民最強軍団の落日も浮き彫りにしている。