男女が恋仲に発展するための最初のステップである、デート。

互いの愛情と絆を深めあうチャンスとなる一方で、玉砕する場合もある。

二人で同じ時を過ごし、同じ景色を見ていても、男女で感じるものは違うようだ。

あの時、君は何を思い、その行動に出たのだろうか...




美由紀と出会ったのは、知人が主催するアートギャラリーのオープニングパーティーだった。

“美人な子がいるな”と思ったが、最初は遠くから眺めていただけだった。美由紀は男性と一緒にいたし、どんなに美人でも彼氏がいる女性は恋愛対象にはならない。

しかし、知りあいが紹介してくれたことで彼女と話すキッカケを得た。

「ゆう君、この子美由紀ちゃん。二人は出身大学が一緒じゃないかな?」

「裕司さんも商学部なんですか?私もです!ゼミはどちらでした?」

そんな話で盛り上がりながらも、僕は美由紀の隣にいる男性が気になって仕方がなかった。

「彼、大丈夫?」

何気なく確認してみたが、その男が彼氏なのかは分からなかった。

「全然大丈夫です。今度また飲みましょうよ!」

そう言って、美由紀の方から連絡先交換を持ちかけられ、後日食事に誘われた。

-先日は、どうもです。もしよければ、今後お食事でも行きませんか(^^)?

美人からの食事の誘いは、大歓迎である。

僕は気合いを入れてデートに挑んだ。そしてかなりイイ感じだったのに、ある日突然美由紀の態度は急変したのだ。


美由紀の方から来た誘い。お互い好き同士だったのに・・


Q1:初回のデートは完璧。だから次は見込みアリ?


初デートで行く店は、自分がよく知っていて騒がしくないところが良かった。僕は迷わず『中目黒いぐち 上ル 麻布十番店』を予約した。




美由紀と会うまでにLINEはしていたものの、向かい合って二人きりで話すのはこれが初めてである。

美由紀の可愛さが際立つようなミニの黒いワンピースは、とても彼女に似合っており、最初からテンションが上がった。

「美由紀ちゃん、嫌いな食べ物とかない?大丈夫?」
「実は甘い物が苦手なんです・・でも食事は何でも大丈夫です!裕司さんは?」

お互いのことは、あまり知らない。だから僕たちは会話の中で質問ばかりしていた。

「裕司さんはどこ出身なんですか?」
「僕は東京出身だよ。美由紀ちゃんは?」
「私は、広島出身です。ご兄弟は?」

まるで見合いで顔を会わせたばかりの男女のような会話だが、それはそれで楽しかった。

美由紀も一生懸命質問してくれるし、僕も真剣に答える。

「裕司さんって、面白いですね。こんな楽しいデート、久しぶりかも!」

そう言って楽しそうにしている美由紀を見て、僕も大きく頷く。二人で食事に行ったのは初めてなのに、そうは思えないほど不思議にくつろげたのだ。

ひと通り話し終わったところで、僕は今日の本題を切り出した。

「ところで、この前ギャラリーに一緒に来ていた男性は彼氏さん...?」

「まさか!彼はただの友達ですよ。今は誰ともお付き合いしていません。裕司さんは?」

「僕も今はフリーだよ。彼女欲しいなぁ、とは思っているんだけどね。」

「そうなんですか!?カッコイイし、優しいから絶対誰かいるかと思っていました!」

何となく、僕と美由紀の距離は近くなる。話しているうちに美由紀の手は今にも僕の手に触れそうだ。

お互い好意があることは、誰が見ても明白だった。

この日は2軒目まで行き、帰宅したのは2時を過ぎていた。

-飲みすぎちゃったかな。

そう思い反省したものの、翌日に来た美由紀からのLINEで僕はまた一人でにやける。

-昨日はありがとうございました!楽しすぎでした♪次はいつ行きますか(^^)?


一気に仲良くなる二人。しかしこの後突然彼女が冷たくなった理由とは


Q2:徐々に仲が深まっていた。それなのにどうして突然フラれたの?


そこから、僕たちは何度かデートを繰り返した。

2回目のデートは、『ドミニク・ブシェ トーキョー』に行った。その後コンラッド東京のバー 『Twenty Eight』で夜景を眺めながら飲んだ。 絵に描いたようなデートコースに彼女もうっとりしてくれていたと思う。

3回目は 『ディキシー ダイナー 恵比寿』で昼下がりにランチ。美由紀が飼っている犬に会いたいと、僕がリクエストしたのだ。

犬好きの僕は、終始美由紀が飼っている犬にデレデレで、大いに笑われた。一緒にいる時間が楽しくて、会えば会うほど、僕は美由紀のことが好きになっていったのだ。

どんな女性でも、1回デートをすれば大体のことが分かる。

そもそも、男は気になる女性以外とは二人きりで食事には行かない。

デートする時点で多少の気はあるが、最初は興味のあった女性だったとしても、1回デートして二度と会わなくなることもある。

そして3回もデートをすれば、かなり相手のことが見えてくる。

たしかに、最初は外見に惹かれた。しかし外見だけではなく、中身を知れば知るほど性格も良いことが判明し、何よりも一緒にいて楽しかった。

デートは2週間に一度くらいのペースだったが、その間も気が向いた時はLINEをし、2人の距離はどんどん近くなった。

僕も美由紀も、交際したてのような初々しさを楽しんでいたと思う。

「次回は、ちょっとカジュアルな感じにしよう。」

この提案により、4回目のデートは、『HONA azabu(ホナアザブ)』でお好み焼きデートとなった。




デニムにざっくりしたニット、というカジュアルながらも可愛らしい服装でやって来た美由紀が広島出身だったことを思い出す。

「僕さ、お好み焼き好きなんだよね。美由紀ちゃんは広島県出身ってことは、家でも広島焼き作ったりするの?」

「広島焼きとお好み焼きは違いますよ!(笑)」

「そっか(笑)美由紀ちゃんが家でこれを作ってくれたら最高なんだけどなぁ〜。」

この店の名物、「トマトのお好み焼き」を食べながら、美由紀が家で料理をしてくれる姿を勝手に想像する。

僕もいい年齢だし、結婚を考えていない訳ではない。今まで散々色々な女性を見てきたが、美由紀ならいいかもと思い始めていた。

お好み焼きも美味しく食べたところで、僕たちは外に出た。

「来週の土曜は何してる?買い物でも行かない?」
「いいですね!行きましょう。」

そして別々のタクシーに乗り込み、美由紀は笑顔で去っていった。

しかしそれきり、美由紀は僕の元から去ってしまった。

土曜の約束をしようと思ってLINEをしたところやんわりと断られ、その後数回誘ってみたものの、全ての日程がNGという分かりやすい断られ方をした時に気がついた。

-あれ、もう相手にされていない・・・?

彼氏ができたのか?
それとも、何かしくじっていたのか?

一時期は確実に良い感じだったのにも関わらず、4回目のデートでどうして美由紀の態度は急変したのだろうか。

楽しい時間の分だけ、思い出すと胸が苦しくなっている。

▶NEXT:2月4日日曜更新予定
裕司が汲み取れなかった、美由紀が欲していたものとは:デートの答えあわせ【A】

<これまでのデートの答えあわせ【Q】>
Vol.1:2軒目のデート開始30分。彼女が「明日朝が早い」と突然帰宅したのは、ナゼ?
Vol.2:2人きりでの食事・デートの誘いに乗ってきた。=“脈アリ”じゃないの?
Vol.3:初デートは「19時、駅に待ち合わせで。」このNGポイントはどこ!?
Vol.4:私の、どこがダメだった…?会話も、化粧も服装もすべて完璧だったのに
Vol.5:初デート。「もう1軒行かない?」と言われた時に男が取るべき行動とは
Vol.6:デートの重要なポイント、店選び。女が男を“友達”だと判定した理由とは?
Vol.7:デートにおける永遠のテーマ、お会計問題。どう振る舞うのが女として正解なの?
Vol.8:2対2の食事では全然話せなかったのに。デートで彼女の心を掴んだ平凡男の勝因とは
Vol.9:デート中、体を寄せてきた彼女。ボディタッチ多めなのに、ナゼ答えはNGなの?
Vol.10:「こういうお店、大好き♡」デート中は楽しんでいた彼女の態度が急変した理由
Vol.11:料理大好き、気配り完璧♡男心のツボは押さえても、次に繋がらないのはナゼ?
Vol.12:俺の話に「すごい♡」を連発してたのに。女心を掴めぬ男の、致命的ミスとは
Vol.13:スタイル抜群で、男の心を鷲掴み♡でも男が追ってこない女の盲点
Vol.14:「彼女いるの?」の質問に“脈アリ”と思う男。でも彼女が途中帰宅:ワケ
Vol.15:最初は、俺に興味なかったはずなのに。デートで女心を掴めた男の行為とは?
Vol.16:元カノの話をする男の心理。「別れた原因は?」に対する正答とは
Vol.17:デート中、女が犯した小さな失態。男が冷める女の言動とは?




あなたの結婚観教えてください!​
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>