新橋でちょっと美味しいものを食べたいなという時に、まず最初にあがる店が、ここ『ビーフン東』だ。

新橋の駅ビルの中という好アクセスで、気軽な雰囲気、そしてもちろん間違いなく美味しい!

ビーフンやバーツァン(中華風ちまき)、ふわふわの肉団子など大人気の名物を紹介しつつ、この店の魅力に迫りたい。



五目ビーフンやバーツァンなど、訪れた人を必ずリピートさせてしまうパワーを秘めた名物が多数!
創業以来変わらぬ味を守りぬく老舗の名物たち

昭和27年創業の老舗台湾料理店『ビーフン東』。新橋駅前ビルの2階という立地でありながらも、毎日多くの人で賑わう人気店である。

この店を語る上で、まず外せないのが店名にも冠される名物「ビーフン」だ。

定番の「五目ビーフン」を始め8種以上を揃え、それぞれ「汁」と「焼き」を選べるのも創業当時から変わらぬスタイルだ。



「五目ビーフン 汁」(850円)ビーフンは、鶏ガラや香味野菜でとったスープで戻した後、炒める。この工程は「焼き」、「汁」ともに同様だ
具材ひとつひとつの味付けが異なる丁寧な仕事が生む美味しさ

まずは汁で「五目ビーフン」を注文。この日は「汁」を選択した。

鶏ガラベースのスープはあっさりとしていながらもコクがあり、飲んだ後の胃にもするりと収まってくれるだろう。

また、上にのる野菜や豚肉、海老などの具材にも注目。これらは一つ一つ味付けが異なり、食材に合わせた最適の調理が施されているのだ。

何度食べても飽きが来ないのは、このような丁寧な仕事の賜なのだろう。



「牡蠣と卵と春菊のビーフン」(1,200円)

続いては「牡蠣と卵と春菊のビーフン」を「焼き」で注文。

焼きの場合は、テーブルに備わる「ニンニク醤油」をかけて味わうのが『ビーフン東』流。

醤油、日本酒、砂糖などを合わせて作られる秘伝の味で、この味が好きでたっぷりかける人も多いというが、風味付けに少しかける程度がおすすめだという。

お酒のつまみにするならば「焼き」、〆やランチならば「汁」など、シーンによって注文を変えていくのがいいだろう。



「バーツァン(中華風ちまき)」(1個700円)※手前のハーフサイズは撮影用のため注文は1個からのみ
もうひとつの名物「中華風ちまき」も必食の美味しさ!

「ビーフン」をはじめ名物と言われる品の多い『ビーフン東』で、必ずオーダーしたいのが「バーツァン(中華風ちまき)」である。

米一粒一粒がたっぷりと旨みを含んでおり、頬張る度に美味しさが口の中いっぱいに広がっていく!



お米一粒一粒にしっかりと自家製醤油ダレが絡むように、長時間炒めてからうずらや豚バラ、ピーナッツなどの具と一緒に竹皮で包み蒸し上げるのが美味しさのポイント

手間暇かけて作られているからこそ、生み出されるこの極上の味わいは、食べずして帰ったら後悔すること間違いなし。

1個250gとボリュームもあるので、1個を2人でシェアしてもいいだろう。


軽食だけじゃなく、飲み会使いができる絶品中華メニューも揃ってます!



「大きなふわふわ肉団子」(1,500円)。こちらも人気で、来たら必ず注文する人も多いという
前菜やふわっふわの肉団子も絶品!

『ビーフン東』を訪れたなら、「ビーフン」や「バーツァン」でもうお腹はいっぱいなどと言ってはいられない。

メニューに目を通すと、まだまだ気になる品がズラリと揃う。

なかでも気になったのが「大きなふわふわ肉団子の煮込み」だ。



ほとんど力はいらないほど、レンゲがするりと落ちていく感触からも口に入れた瞬間の柔らかさが想像できてしまう!

豚肉を手で細かく切り、団子状にしてから揚げて、煮込み、そして蒸すという工程を経て完成する肉団子は驚くほどにふわふわ!

2種の蟹で作られる贅沢な餡も、豚肉の旨みを引き立ててくれる。



「前菜三種盛り合わせ」(2人前1,500円)。特製の浜納豆のタレで味わう豚の腸詰めなど一度食べたらクセになる味わいで、お酒がグイグイすすんでしまう

紹興酒とともに楽しむならば「前菜三種盛り合わせ」がおすすめ。

「ピータン豆腐 カリカリ揚げワンタンのせ」や「エンチェン(自家製 豚の腸詰め)」、「よだれ鶏」といった、定番の人気メニューを楽しめる。



新橋駅前ビルの2階に位置し、昼時はひっきりなしに人が訪れている

先代は、台湾で日本料理店を営んでおり、日本に帰ってきた時に、台湾時代の常連だった海軍の人たちにも馴染みのある料理を提供する店を、という想いから誕生したのが『ビーフン東』。

今では、創業当時から通ってくれているお客さんの孫が来てくれることもあり、幅広い世代に愛される同店は、新橋を語る上で欠かせない名店だ。




あなたの結婚観教えてください!
アンケートへの回答はこちら​から!
<回答期間:2018年1月30日(火)〜2018年2月6日(火)>