日本のエース杉田祐一「勝利できてホッとした」伊セッピにフルセットタイブレークで見事勝利[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第2試合(シングルス)で杉田祐一(日本/三菱電機)とアンドレアス・セッピ(イタリア)が対戦。杉田が4-6、6-2、6-4、4-6、7-6(1)のフルセットで勝利。日本対イタリアはこれで、勝利数1-1のイーブンに戻した。

日本の0勝1敗で迎えたシングルス第2試合、日本はエースの杉田が登場。杉田は試合前のインタビューで「チームに勢いをつけられたらなと思っている、ベストを尽くしたい」と語っていた。

両者の対戦は今回が2回目。過去の対戦成績は杉田の0勝1敗。杉田は1月の「全豪オープン」で、昨年に引き続き快進撃を見せた。1回戦では当時世界ランキング9位のジャック・ソック(アメリカ)から金星を上げ、2回戦ではイボ・カルロビッチ(クロアチア)とフルセット4時間半超えの激闘の末、僅差で敗れていた。対するセッピは「全豪オープン」2回戦、ケガから復帰した西岡良仁(日本/ヨネックス)と初対戦。ストレートで西岡を下していた。

◇   ◇   ◇

試合はセッピのサービスから開始。191cmの長身から放たれるサービスに対し、杉田は序盤からうまくリターンを合わせる。しかし、過去フェデラーにも一度勝利した事があるベテラン・セッピはなかなか崩れず、お互い隙の少ない立ち上がりとなった。

お互い1回ずつサービスブレークをし、ゲームカウントが杉田の4-5となった第10ゲーム、再び杉田にピンチが。15-40となってから、大事な場面でそのままセッピにサービスをブレークされ、第1セットを奪われた。

続く第2セット、1セット目をやや不完全燃焼の形で落としてしまった杉田は、声を出して自分を鼓舞する。しかし、対するセッピもよりプレッシャーをかけて応戦してくる展開。第2セットは杉田に先にチャンスがやって来た。ナイスショット連発でブレークポイントを握ると、そのまま次のポイントでサービスブレーク。第7ゲームでもう一つサービスブレークを果たし、杉田は第2セットを奪取。セットカウント1-1と試合を振り出しに戻した。

どちらが主導権を握るのか大事な第3セットは、またも杉田がセットを取りセットカウントが杉田の2-1。勝利まであと1セットに。すると相手のセッピはサービスゲームをほぼ完璧に近い内容、杉田はわずかな攻撃のチャンスを伺う展開となった。高速サーブでどんどんエースを取ってくるセッピを、杉田はなかなか崩せない。逆に杉田が4-5の第10ゲームに、ダブルフォルトからブレークを許してしまい、そのまま第4セットは取られてしまった。

勝負の最終セットは、杉田がいきなりアクセル全開。第1ゲームにいきなりサービスブレークを果たし、会場を大きく沸かせた。気迫十分の杉田のプレーに、普段は隙の見えないセッピも珍しく顔を曇らせていた。すると杉田が4-2の第7ゲーム、杉田の30-15で走り込みからの素晴らしいボレーを繰り出し、またもブレークチャンス。そしてこれには杉田も、日本チームの方を向いてのドヤ顔ガッツポーズ。

その後試合の行方は、最終セットのタイブレークにまでもつれ込む。どちらに転ぶか分からない山場が続く中、盛岡の会場では大きな日本コールが起こっていた。

タイブレークを先行したのは杉田、1ポイント目にいきなりセッピのサービスを打ち破った。杉田はこのリードを守って優位に試合を展開、タイブレーク3-1で素晴らしいリターンエースも繰り出した。最後は杉田が押し切り、見事フルセットの接戦を勝利した。

杉田は「全豪オープン」に次いで、5セットフルでの決着。今度は勝利で飾れた事について試合後「いやもう本当に何も残ってないというような(出し切った)状況。(試合の重要な局面では)どんどん落ち着いてきていて、それは全豪オープンで得た経験かなと思う」とインタビューで語った。さらに「ここを何とか乗り越えたいと思っていた。いい形で勝利できて嬉しく、ホッとした」と日本チームのエースとして、プレッシャーのかかった試合を振り返っていた。

杉田は2016年には完敗していた相手セッピを、素晴らしい試合展開で破った。大きな成長を地元日本で見せてくれた事、そして日本チームの勝利に向けて弾みをつける1勝に、大きな拍手を送りたい。

日本のホームで行われている日本対イタリア、2日目・3日目の日本チームの活躍にも期待だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」でセッピに見事勝利した杉田祐一(2017年「デビスカップ」出場時のもの)
(Photo by Kiyoshi Ota/Getty Images)