北九州DF石神直哉がFCマルヤス岡崎に完全移籍

写真拡大

▽ギラヴァンツ北九州は2日、DF石神直哉(32)がJFLに所属するFCマルヤス岡崎に完全移籍することを発表した。

▽茨城県出身の石神は、鹿島アントラーズでプロキャリアをスタートさせた後、セレッソ大阪、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎などでプレー。2016年にギラヴァンツに加入し、昨シーズンは明治安田生命J3リーグで7試合、天皇杯に2試合出場していた。

▽FCマルヤス岡崎への加入が決定した石神は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FCマルヤス岡崎

「この度、ギラヴァンツ北九州から移籍してきました石神直哉です。FCマルヤス岡崎のために全力でプレーをしたいと思います」

◆ギラヴァンツ北九州

「FCマルヤス岡崎に移籍することになりました。2年間、本当にありがとうございました。北九州市で初めて生活することになった日から、たくさんの方々に親切にして頂き、また助けて頂きました」

「なかなか結果が出ない中、いつも応援して下さったサポーターの皆様のことは決して忘れません。そして、満員のミクニワールドスタジアムでプレー出来たことは最高の思い出です。私は北九州からは離れてしまいますが、ギラヴァンツ北九州がJ2に復帰し、J1昇格の夢を叶えられることを願っています!!」