杉田祐一、第3セットも奪い2-1。勝利まであと1セット[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第2試合(シングルス)で杉田祐一(日本/三菱電機)とアンドレアス・セッピ(イタリア)が対戦中。第3セットは杉田が6-4で2セット連続奪取、セットカウント2-1と勝利まであと1セットとなった。

第2セットを6-2で奪い返し、試合をイーブンに戻した杉田。

どちらが主導権を握るのか大事な第3セットは序盤、両者踏ん張り合いが続く展開に。杉田がサービスの第4ゲームは、6分を超えてセッピの猛攻に耐えた末にキープ。すると杉田は第2セット同様、ピンチを切り抜けた直後に40-0と大きなチャンスを作りサービスブレーク。このセットも先行した。

しかし百戦錬磨のセッピは、そう簡単に主導権を与えてはくれない様子。杉田3-2の第6ゲームにセッピが追いすがり、プレッシャーのかかる杉田はダブルフォルトでサービスブレークを与えてしまう。しかし成長著しい杉田は再度食らいつき、40-0からラブゲームでサービスブレーク。またも第3セットを先行した。

どちらがこのセットをつかむのか全く分からないような試合展開のなか、杉田は5-4の第10ゲーム、自身のサービスゲームをしっかりとキープした。これでセットカウントが杉田の2-1、勝利まであと1セットとなった。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」で対戦中の杉田祐一(2017年「楽天ジャパン・オープン」出場時のもの)
(Photo by Matt Roberts/Getty Images)