画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●14モデルを一挙に国内投入

レノボ・ジャパンが2月1日、法人向け新製品発表会を開催し、ThinkPadシリーズ14機種、ドッキングステーションなどの周辺機器6製品などを発表。多数の製品を一堂に展示しました。製品名と最小構成販売予定価格の一覧は文末を参照のこと。

○働き方に合わせて選べる豊富なラインナップ

今回発表された製品は、1月19日に発売された「ThinkPad E580」「ThinkPad E480」の2機種以外は、いずれもCES 2018でお披露目されたプロダクトだ。かなり数が多いので、ラインナップを整理し、ThinkPad Xシリーズ中心に発表会会場で気になった製品を紹介します。

なお、いずれも法人向けの受注開始日は2月1日。Web販売開始は「ThinkPad X280」「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad T480s」「ThinkPad X1 Yoga」「T480」が2月9日、「ThinkPad X1 Tablet」が3月中旬予定で、ほかはすべて2月中旬の予定となっています。

ThinkPadでは主に持ち運びの頻度によって、5つのタイプに分けたターゲットユーザーを想定しています。フィールドワーカー、モバイルワーカー、ハイブリッドテレワーカー、インターナルワーカー、プロフェッショナルの5つのタイプの中でさらに性能やバリューなど、重視するポイントに応じてラインナップをそろえる形です。

今回は、プロフェッショナルを除く4つのタイプに含まれる製品が発表となりました。以下、製品名に(新)と付くのが新機種です。

フィールドワーカーは、屋外や工場内などでPCを持ち歩き、デバイスをPCとしてもタブレットとしても利用、たまにペン入力が必要となる環境で働く人を想定しています。このカテゴリーに分類されるのは、「(新)ThinkPad X1 Tablet 2018年モデル(以下、X1 Tablet)」と「Lenovo MIIX 320」。

モバイルワーカーは、薄型軽量を重視、出張が多い人や外出先での仕事が多い、PCを日々持ち歩く人向けのカテゴリーです。「(新)ThinkPad X1 Carbon 2018年モデル(以下、X1 Carbon)」「(新)ThinkPad X280(以下、X280)」「(新)ThinkPad X380 Yoga(以下、X380 Yoga)」「Lenovo MIIX 520」が含まれます。

ハイブリッドテレワーカーは、基本的には社内業務をメインとしつつ、外出先でも業務する機会のある人や、社内の会議室をはしごするような働き方の多い人が、このカテゴリーになります。ここは「(新)ThinkPad X1 Yoga 2018年モデル(以下、X1 Yoga)」「(新)ThinkPad T480s(以下、T480s)」「(新)ThinkPad T480(以下、T480)」「(新)ThinkPad L380/Yoga(以下、L380/Yoga)」です。

インターナルワーカーは、自席での利用がメインながら、働き方改革の流れを受けて、月に何度か自宅やコアワーキングスペースなどからテレワークで業務するためにPCを持ち出したい、そんなタイプのカテゴリー。「(新)ThinkPad T580(以下、T580)」「(新)ThinkPad L580/480(以下、L580/480)」「ThinkPad E580/480」「ThinkCentre Desktop」が入ります。

最後のプロフェッショナルは、今回の発表では新製品がありませんが、「ThinkStasion ws」「ThinkPad Pシリーズ」となります。

○ユーザビリティやセキュリティを向上する取り組み

ユーザビリティ面では、LTE対応製品が2017年の5機種から10機種に拡充したほか、本体の軽量化につながるアンチグレアのインセルタッチ(In-cell Touch)対応製品も3機種から7機種に増加しました。さらに2018年モデルではUSB Type-Cを全面的に採用しています。

セキュリティ面では、Webカメラに物理的なカバーを付け、手動で開閉できる「Think Shutter」をX1 Carbon、X280、X1 Yoga、T480s、T480、T580の6機種で採用。IRカメラ対応製品を拡充し、画面の前から人がいなくなったときの自動ロックに対応しました。また、指紋センサーは生体の指紋かどうか見分けるようになり、成りすましの指紋は偽造と判断してシャットアウトする仕様になっています。

マネージアビリティ(管理制)に関しては、アクセサリー類の共通化などを更に推し進めています。

●モバイルワーカーに注目してほしいX280とX1 Carbon

今回発表の中で、特に注目したいのは、モバイルワーカーカテゴリーに入るX280とX1 Carbonです。主な仕様はそれぞれ別記事を参照してください。X280、X1 Carbon。

X280は、開発に日本のユーザーの声を強く反映したという、痒いところに手が届く12.5型のコンパクトモデル。軽量薄型ボディで、最大15時間のバッテリー駆動を実現しています。

X1 Carbonはカーボンファイバー採用で堅牢かつ軽量なボディを持つモデル。13型のフットプリントに14型ディスプレイの使いやすさを備え、重量は1.13kgとなっています。

本体サイズと重量は、X280がW307.7×D209.8×H17.4/17.8mm、1.13/1.26/1.27kg。X1 CarbonがW323.5×D217.1×H15.95mm、1.13kg。X280の本体サイズや重量に複数の表記があるのは、液晶の種類やタッチ対応、キーボードのバックライトの有無、ThinkShutterの有無などが選べるためです。

本体サイズはX1 Carbonのほうが幅が15.8mm、奥行きは7.3mmだけ大きいことになります。フットプリントの差は約1.15c屬箸覆蠅泙后ところが、画面サイズはX280の12.5型に対して、X1 Carbonは14.0型。インチなので分かりにくいですが、面積にすると実に108.31c屬發虜垢砲覆蠅泙后8れば一目瞭然に大きさが違います。

画面解像度はX280がモデルにより1,366×766ドット、もしくは1,920×1,080ドット。X1 Carbonがモデルにより1,920×1,080ドット、もしくは2,560×1,440ドットとなっています。

○筐体刷新でシャープになったX280

画面だけ見るとX1 Carbonの優位性が際立ちますが、X280はカーボン繊維とガラス繊維のハイブリット材料を採用し、X1 Carbon同等の重量で高い堅牢性を確保。48Whのバッテリーを内蔵し、約15時間のバッテリーライフや急速充電に対応します。満員電車などの耐圧性が気になる環境に持ち込んだり、出張で新幹線の中で使うといった際に小回りの効いた使い方が期待できそうです。

また、本体底面のスクリュー(ネジ)を従来機であるX270の8個から5個に削減して保守性を向上したほか、キーボードはユーザーの交換可能部品(CRU)となっており、別途交換キーボードを購入して簡単な作業で取り替えられます。キータイプの感触などにこだわる人は是非利用したいところ。

○正当進化のX1 Carbon

一方、コンパクトなのに大画面なX1 Carbonは、500nitという高輝度なHDRディスプレイ(2,560×1,440ドット)の選択も可能。10点マルチタッチ対応モデルも選択でき、画面の見やすさや使い勝手を重視するユーザーならX1 Carbonをベースに構成を考えたいですね。

標準で360度集音マイクを搭載しており、ハドルルームなどで少人数でオンライン会議に利用したり、テレワークで会議に参加といった用途にもピッタリです。

X1 Carbonを始め、X280、T480s、T480、T580、L480、L580の7機種は、新しい3種類のドッキングステーションにも対応します。PCの下に置いて、バーをスライドするだけの2ステップで複数の周辺機器を一括で接続できるので、自宅や職場のデスクなど長時間じっくり作業したい環境に用意したいものです。

特に「ThinkPad ハイブリッド USB Type-C/Type-A ドック」は、USB Type-CドックにUSB Type-A変換アダプタを同梱し、USB Type-CとType-Aの機器が混在する環境で威力を発揮します。

このほか、ThinkPad用のアクセサリーとして、自動車のシガーソケットに挿して使えるトラベルDCアダプターも展示されていました。

●「攻めの働きかた改革」をバックアップ

レノボ・ジャパン 代表取締役社長の留目真伸氏は、新しいThinkPadの目指す方向性について「攻めの働き方改革」と表現しています。留目社長は、「世間で言われる働き方改革は、ともすると働かせ方改革になっている現場がある」と指摘します。それでは現場が疲弊していくだけで、生産性向上も早晩限界を迎えます。

「従業員を主体とした本当の働き方とは何か考えたとき、クライアントの課題解決のために、従業員が良いと思うやり方で取り組めて、結果が出せることが大事だと思います。在宅勤務を認めながら、ちゃんと時間通り仕事しているか監視ツールを入れるのは本末転倒。課題の解決という目的のためなら、会社のリソースは大いに利用して、自社製品にこだわらずに他社製品やサービスも提供し、市場を回していくべきです」(留目社長)

ThinkPadは、ユーザーの多様な働き方、そして多様な課題解決の仕方に応えるために、幅広いラインナップを揃え、それぞれの製品でニーズに合うよう仕様を追求しているという訳です。

直近の3四半期でモバイル製品(Yoga含む)の出荷台数が大きく伸びており、市場全体が昨年同期比で1.5倍のところ、レノボは業界平均を大きく上回る4倍の伸長を達成したとのこと。モバイル分野における同社のシェアは過去最高に拡大しており、留目社長は「これを追い風にさらに頑張っていく」とコメントしました。

自分の働き方を変えたい労働者に向け、選択肢を広げたThinkPad。自分の目指す働き方をイメージして、それに合った製品を選びたいですね。

【表入る(20180201レノボ発表会表.xlsx)】