【リーガエスパニョーラ第22節プレビュー】バルセロナ・ダービーにアトレティコvsバレンシア!

写真拡大

▽先週末に行われた前節では首位のバルセロナ、2位のアトレティコ・マドリーが揃って勝利。また、3位のバレンシアと4位のレアル・マドリーによる上位対決はアウェイのレアル・マドリーに軍配が上がった。また、エイバルのMF乾貴士とヘタフェのMF柴崎岳の日本人選手2人は共に先発出場しドローという結果に終わった。

▽先月31日をもって今冬の移籍市場が閉幕し、ようやく一息付いた中で行われる第22節では首位バルセロナ(勝ち点57)と、14位のエスパニョール(24)による“バルセロナ・ダービー”、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点46)と、3位のバレンシア(勝ち点40)による上位対決に注目が集まる。

▽前節、アラベスに先制を許すもFWメッシとFWルイス・スアレスの5試合連続コンビ弾で鮮やかな逆転勝利を手にしたバルセロナはリーグ戦7連勝を達成。8連勝を目指す今節は、先日のコパ・デル・レイで今季初の黒星を喫した難所コルネジャでのダービーに臨む。ミッドウィークに行われたバレンシアとのコパ準決勝1stレグを先勝したバルセロナだが、コンディション面にやや不安を抱える。それでも、絶好調のメッシとスアレスに加え、コルネジャ初凱旋のMFコウチーニョらの個の力で圧倒するはずだ。

▽また、バルセロナを追走する2位と3位の上位決戦だが、昨年末から共に調子を落としており、今節では互いに浮上のキッカケを見いだしたいところだ。前節、最下位ラス・パルマス相手にFWグリーズマンのゴールなどで快勝したアトレティコは、ミッドウィークに試合がなかったこともあり、勢いをもって今回の一戦に臨めるはずだ。加えて、負傷明けのFWジエゴ・コスタの復帰も見込まれる。

▽対するバレンシアは前節レアル・マドリー相手に大敗し、リーグ戦2連敗中。加えて、ミッドウィークのコパでも敗戦を喫し、苦しい状況が続く。それでも、出場停止明けのDFガブリエウ、DFヴェゾが最終ラインに復帰することで、前節のように守備崩壊を招くことはないはずだ。

▽前節、エースFWクリスティアーノ・ロナウドの2ゴールの活躍などでバレンシアに快勝し、一先ずジダン監督の去就問題を落ち着かせたレアル・マドリー(勝ち点38)。しかし、今冬の移籍市場で新戦力補強も放出も行わなかったチームに対して、マドリディスタはフラストレーションを溜めており、何とかピッチ上の結果で批判を遠ざけたいところだ。今節は降格圏一歩手前の16位に位置するレバンテ(勝ち点19)とのアウェイゲームとなるが、前回対戦ではホームで引き分けており、油断せずに戦いたいところだ。チームとしてはここ最近結果が出ていないMFイスコやFWベンゼマにゴールが生まれれば、今月中旬から再開されるチャンピオンズリーグ(CL)に向けた弾みとなることだろう。

▽前節共にドローに終わった乾と柴崎の日本人選手所属チームは今節、それぞれセビージャ、レガネスとのタフな一戦に臨む。直近3試合勝利がなく自身もややパフォーマンスを落とす乾は、6位のセビージャを相手に4試合ぶりの勝利を目指す。今週にはロシア・ワールドカップ後のビジャレアル移籍が報じられるなど、スペイン国内で注目を浴びているだけに強豪相手の一戦で結果を残したい。

▽また、前節はそのセビージャ相手に劇的なドローに持ち込んだ9位のヘタフェはコパで準決勝進出を果たした11位のレガネスとのマドリード自治州ダービーに臨む。セビージャ戦では持ち味のキープ力でカウンターの起点になりながらも後半立ち上がりに交代させられた柴崎としては、元フランス代表FWレミら新戦力とのポジション争いを制するうえでも乾同様に目に見える結果がほしい。

《リーガエスパニョーラ第22節》

▽2/2(金)

《29:00》

レアル・ソシエダ vs デポルティボ

▽2/3(土)

《21:00》

エイバル vs セビージャ

《24:15》

ベティス vs ビジャレアル

《26:30》

アラベス vs セルタ

《28:45》

レバンテ vs レアル・マドリー

▽2/4日)

《20:00》

ヘタフェ vs レガネス

《24:15》

エスパニョール vs バルセロナ

《26:30》

ジローナ vs ビルバオ

《28:45》

アトレティコ・マドリー vs バレンシア

▽2/5(月)

《29:00》

ラス・パルマス vs マラガ