杉田祐一、伊セッピから第2セットを奪い返し1-1に[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第2試合(シングルス)で杉田祐一(日本/三菱電機)とアンドレアス・セッピ(イタリア)が対戦中。第2セットは6-2で杉田がセットを奪い返した。

第1セットは4-6で先取されてしまった杉田。

続く第2セット、1セット目をやや不完全燃焼の形で落としてしまった杉田は、声を出して自分を鼓舞する。しかし、対するセッピもよりプレッシャーをかけて応戦してくる展開。第2ゲームは杉田がサービスキープに5分以上を要するも、バックハンドのスーパーショットで意地のセーブを見せた。

すると続く第3ゲームで、今度は杉田にチャンスが来る。ナイスショット連発でブレークポイントを握ると、次のポイントをネット前に詰めてサービスブレーク。直後のサービスゲームはラブゲームでキープし、第2セットは杉田が3-1と先行した。

杉田が3-2の第6ゲーム、今度は杉田が15-40のピンチを迎えるも、その後3度のブレークポイントをしのいだ。ここは杉田が見事なキープ。ピンチを切り抜けた杉田はさらに攻め込み、第7ゲームも鋭いフォアハンドのダウン・ザ・ラインでもう一つサービスブレークを果たす。

杉田はこのリードを守り、第2セットを奪取。セットカウント1-1と試合を振り出しに戻した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「デビスカップ」で対戦中の杉田祐一(「全豪オープン」出場時のもの)
(Photo by Pat Scala/Getty Images)