決勝進出ラインまで目前に迫っている石川遼(写真は初日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<メイバンク選手権 2日目◇2日◇サウジャナG&CC(7,186ヤード・パー72)>
マレーシアのサウジャナG&CCにて行われている欧州とアジアの共催大会「メイバンク選手権」2日目、今季3戦目の石川遼が前半で3連続を含む4バーディを奪取し、トータル2アンダー・80位タイでハーフターン。現在の決勝進出ラインである3アンダーまで目前に迫っている。
【連続写真】スイング改造中の石川遼、問題は右サイドに!?
トータル10アンダー・首位タイに池田勇太、リー・ウェストウッド、デビッド・ホージー(ともにイングランド)、マーク・ウォレン(スコットランド)、1打差5位タイに谷原秀人、片岡大育、スティーブン・ギャラハー(スコットランド)が続いている。
国内賞金王の宮里優作は8ホールを消化し、トータル4アンダー・47位タイに浮上。同組で回っている世界ランク12位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は、トータル3アンダー・59位タイとしている。
また、昨年覇者のファブリツィオ・ザノッティ(パラグアイ)はトータル7アンダー・11位タイでフィニッシュ。先週の「レオパレス21ミャンマーオープン」を制したポール・ピーターソン(米国)はトータル5アンダー・31位タイで2日目を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹が出場 ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン初日の結果
【石川遼・復活優勝へ】従来の“石川スタイル”が、目前の1勝へのカギとなるか
石川遼、スイング改造の参考にしたのはあの名選手
石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る
【18年前半の近未来予想】キャロウェイ『ローグスターFW』が大爆発の予感!