提供:週刊実話週刊実話

バブル期に大量採用されたパイロットが退職 航空業界を襲う「2030年問題」

ざっくり言うと

  • バブル期に大量採用されたパイロットが退職し「2030年問題」が起こるという
  • 1年に約170人が不足しており、補充元の米国でもパイロットが足りていない
  • 年収問題から全員が日本の航空会社に就職するとは限らないと航空アナリスト

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング