ダニエル太郎がフルセットの末敗れ、イタリアが先勝[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第1試合(シングルス)でダニエル太郎(日本/エイブル)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦。ダニエルは4-6、6-3、6-4、3-6で迎えた最終セットを、2-6で落とし惜敗。日本は黒星スタートとなった。

ブレークの奪い合いとなった中迎えた最終セット。両者最初のサービスゲームをキープすると、第3ゲームでダニエルにブレークのチャンスが来る。しかし、フォニーニの体勢を崩し、後は返すだけというところでダニエルはボールをネットにかけてしまい、最後はフォニーニにキープを許す。

すると第4ゲームでは逆にダニエルが0-40のピンチ。一時はデュースまで粘るものの、フォニーニにウィナーを決められブレークを許した。

その後フォニーニがキープし1-4となった第6ゲームで、ここでもダニエルは0-40のピンチを背負う。しかし同じ展開を許すわけにはいかないダニエルがキープし逆転の望みを繋ぐ。

しかし2-5となった第8ゲームで、ダニエルは踏ん張るものの再度ブレークを許してしまい、2-6で敗戦。

日本は初戦を落とし、黒星スタートとなった。続いて行われるシングルスでは、杉田祐一(日本/三菱電機)がアンドレアス・セッピ(イタリア)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真はダニエル太郎(昨年の「全米オープン」のときのもの)
(Photo by Richard Heathcote/Getty Images)