長友佑都のトルコ移籍に伊紙が惜別 インテルの名手に愛された“イジラレ伝説”を紹介

写真拡大

インテル歴代49位の公式戦出場数を誇った最古参を特集「陽気で親愛が持てる働き者」

 セリエAの名門インテルで7年間を過ごした日本代表DF長友佑都は、移籍市場最終日となる1月31日に半年間の期限付きでガラタサライへ加入した。

 イタリアメディアはクラブ歴代49位の出場試合数を誇った背番号55の微笑ましいエピソードを振り返っている。

「7年間多くの微笑みを与え、ユウトが去る」

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」はこのように見出しを打ち、2011年1月にチェゼーナから加入し、クラブ歴代49位となる公式戦210試合出場の記録を残したインテル最古参の男を大きく取り上げた。

 記事では「(アントニオ)カッサーノとの冗談や、イジラレは忘れられない1コマ」と回顧。2012-13シーズンにチームメイトだった元イタリア代表FWカッサーノとの絡みは、インテルでの欠かせないハイライトだったという。そして、ロッカールームでの姿について「陽気で親愛が持てる働き者だった」と評し、カッサーノやオランダ代表MFウェスレイ・スナイデル(アル・ガラファ)とのやりとりについても紹介されている。

カッサーノやスナイデルらとの逸話を紹介

 記事によれば、スナイデルはインテル在籍時(2009〜13年)、長友のテーブルにパルメザンチーズを大量に仕込んだナプキンを忍ばせ、周囲をチーズだらけにして笑わせたという。また、試合翌日の朝8時からカッサーノは長友が電話に出るまで携帯を鳴らし続けた逸話もあり、「アントニオのような人は知り合ったことがないよ」という長友の言葉とともに、インテルの名手に愛されてきた“イジラレ伝説”を紹介している。

 そして、妻で女優の平愛梨さんに本拠地ジュゼッペ・メアッツァでプロポーズしたことは「職業愛が人生の愛と抱き合った一例」ともレポートされた。

 時にミスでサポーターから批判を受けることもあった長友だが、イタリアメディアも背番号55との別れを惜しんでいるようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images