小室哲哉『Digitalian is eating breakfast 3』(avex trax)

写真拡大

 こんにちは。占い師・キャリアカウンセラーの早矢です。今回は、週刊誌で不倫疑惑が報じられたことをきっかけに、1月19日に引退を表明した音楽プロデューサーの小室哲哉さんの運勢を、仕事運中心に占ってみました。小室さんの復活はあるのでしょうか。

◆小室哲哉さんの基本性格…現実的な安定安住を求めない傾向

 小室さんは、生き方の指針を表す天体・太陽がいて座にあり、その他に芸術、愛情、金運楽しみを表す天体・金星、仕事、コミュニケーション、知性を表す天体・水星、忍耐を表す天体・土星も太陽系10天体のうちの4天体がいて座に属します。

 この方は、生き方仕事において、向学心向上心が強く、専門性を極めます。常に高すぎる理想を掲げ、刺激変化を求め、かつ情熱的にせわしく果敢に目標に向かって邁進していける方です。事実、音楽を主軸に置きながらも演奏者から作詞作曲家プロデュース業講師業と形を変えてきたのはいて座の影響もあるでしょう。

 内面をつかさどる月は、ふたご座に位置しています。こちらも刺激や変化を求め、知的好奇心旺盛な方です。満月の日の生まれの方ですが、満月生まれは悪運が強く、数年前の詐欺事件においても、その報いを免れるなどの強運さは出ているのでしょう。

 全体的な天体配置傾向としては、先に記したいて座、ふたご座に主要な天体が配備されることから、現実的な安定安住を求めない傾向にあります。これが裏目に出てしまうと、現実的な生活を営む要素が乏しく、ずさんな金銭管理には陥りやすいでしょう。

◆ストイックさと結果重視な仕事運…オールオアナッシングな人生となりやすい

 仕事においては、仕事の天体・水星と忍耐の天体・土星が近しい場所に位置し、ストイックさや結果を重視するシビアな面もあります。作品を次々と出していった点などがこの天体配置に表れています。

 また、生き方の天体・太陽と芸術の天体・金星が近しい場所にあり、このあたりが表現力に繋がっていたのかと思われます。しかし、この2天体には、オールオアナッシング的な極致的な天体・冥王星がハードな角度を形成しており、これが波乱万丈な小室さんの人生に影響を与えています。

 さらに輪をかけるように、トラブルの天体・天王星、衝動性の天体・火星、拡がりを表す天体・木星、トラウマの天体・キロン、この4天体もグランドクロスという十字架の星配置を形成し、時に、逆らえないような運命に巻き込める運勢傾向を持っています。

 上手く使えれば、徹底的にやり抜く性質から、人智を超えた才能やカリスマ性になりますが、転落も人智を超えたものとなりやすく、最も厳しいオールオアナッシングな人生となりやすい方です。

◆満月生まれの小室さんは一発逆転も!?

 ここ数年は、海王星という不安定さや、もやもやさせる天体が、小室さんの生き方の天体・太陽、恋愛を表す・金星にハードな角度を形成していました。また、生まれた時間によりますが、私生活を表す天体・月にも影響をしています。海王星がくると、人によっては精神不安定になったり、不倫に走ってしまう天体です。

 小室さんは、人付き合いにおいては、柔軟さを発揮するいて座に天体があるため、元々人や環境に合わせるのが得意な反面、海王星の影響も相まって、流されやすく自分軸を失いやすいときでした。そばにいた人の優しさに流されてしまったのも十分にうなずける運勢です。

 さらにここ2年半前からは、忍耐の天体・土星がずっといて座に鎮座していたため、体調不良、スランプなど、精神的にはかなりつらかったと思われます。さらに、海王星と2017年から現在において鎮座している天王星の影響により、今回のことが明るみに出たのだと思われます。