【義王聯合ニュース】サムスングループからの収賄罪などで公判中の韓国前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告が2日、66歳の誕生日を迎え、勾留先のソウル拘置所(京畿道義王市)周辺に朴被告の支持団体メンバーなど約700人(警察推計)の支持者が集まり集会を開いた。

 支持者らはケーキなどを用意して誕生日を祝った。また、韓国と米国の国旗を振りながら「罪のない朴槿恵大統領を釈放しろ」などと叫び、被告の無罪を訴えた。集会には朴被告の妹とその夫らも参加した。

 支持者らは拘置所正門から近隣の駅まで2.8キロを往復行進し、午後も集会を続ける予定だ。警察は約500人を投入し、万一の事態に備えている。

 朴被告は前日の1日、大統領在任中の2016年4月の国会議員総選挙で、所属していたセヌリ党(現・自由韓国党)の公認候補決定に違法に関与したとして、公職選挙法違反(不正選挙運動)の罪で追起訴された。

 朴被告は在任中にサムスンなど大企業から巨額の賄賂を受け取ったとして17年4月に起訴されたほか、今年1月にも情報機関・国家情報院(国情院)からの収賄罪で追起訴されている。