画像提供:マイナビニュース

写真拡大

運用型広告最適化ツール「L2Mixer」公式サイト

アナリティクスや機械学習を用いた課題解決を行うブレインパッドは、自社内で広告運用を行うユーザーを対象に「運用型広告インハウス支援サービス」を開始したことを発表した。

サービスは運用型広告最適化ツール「L2Mixer」、レコメンドエンジン搭載のプライベートDMP「Rtoaster」やレポート自動化やシミュレーションの自動化を行う「AdNote」と同社が開発や運用を行ってきたツールを用いて、企業など組織内での広告運用のインハウス化を支援。社内でのインハウス運用体制の構築、各ツール導入や設定支援を提供する。

運用型広告では、リアルタイムな入札や複雑なターゲティング設定のコントロールが求められるが、インターネット広告の中でも存在感を増しており、同社はサービス提供の背景として、運用型広告のオペレーションをインハウス化することで、施策展開サイクルの高速化、広告運用のノウハウを蓄積したいと考える企業が増加していることを述べている。