ダニエル太郎、第3セットを取って2-1でリード[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第1試合(シングルス)でダニエル太郎(日本/エイブル)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦中。第3セットは6-4でダニエルが取り、セットカウント2-1とリードする展開になった。

休憩を挟んでの第3セット、フォニーニは先ほどとはうって変わって落ち着いたプレーを行い、両者ともに第1ゲーム、第2ゲームとキープする。

第3ゲーム、一旦はダニエルのポイントとジャッジされた大事な場面で、線審のアウトのコールが聞こえなかったとイタリアチームの監督とフォニーニが抗議し、やり直すことに。そして抗議の怒りを力に変えたフォニーニにブレークされてしまう。

ダニエルは続く第4ゲームでブレークバックに成功するも、第5ゲームでまたしてもブレークされてしまい、フォニーニに先行を許す展開になる。なんとか追いつきたいダニエル、第8ゲームで40-0と大きくリードしてブレークのチャンスをつかむ。デュースまで追い上げられるも、フォニーニのダブルフォルトとエラーによってブレークバックに成功する。

波に乗るダニエルは続く第9ゲームをキープし、そして第10ゲームでセットポイントをつかむ。ここでフォニーニが粘りのプレーを見せるが、最後はダニエルの渾身のダウンザラインが決まって6-4で第3セットを取り、セットカウント2-1とリードした。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在試合中のダニエル太郎(昨年の「楽天ジャパンオープン」のときのもの)
(Photo by Matt Roberts/Getty Images)