ダニエル太郎、第2セットを取り返してイーブンに[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第1試合(シングルス)でダニエル太郎(日本/エイブル)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦中。第2セットは6-3でダニエルが取り返し、セットカウント1-1となった。

第2セット、第1ゲームでダニエルはブレークに成功するが、またしても直後にブレークバックされ、リードを作ることができない。

勢いに乗りたいフォニーニだが、今日のダニエルは落ち着いたプレーを推し進めてリードを許さず、そこからはお互いにキープする展開が続いた。

第7ゲームでダニエルがブレークに成功し、リードすることができたが、今日の試合はここからすぐにブレークバックされる展開が多い。ここでなんとか堪えたいダニエルは、デュースの末にキープに成功する。上手くリードを作ることができたダニエルに対し、フォニーニは少しイラついたのか、荒いプレーが見え始める。

最後はダニエルがデュースの末にブレークし、6-3で第2セットを取り返して試合をイーブンに持っていった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は第2セットを取り返したダニエル太郎(「全豪オープン」のときのもの)
(Photo by Scott Barbour/Getty Images)