男性器の一部が増大手術の失敗で壊死 50代男性がクリニックを提訴

ざっくり言うと

  • 千葉・船橋市の50代男性が、約2億4000万円を求めてクリニックを提訴した
  • 2015年に受けた男性器の増大手術の失敗で、一部が壊死して排尿も困難という
  • 医師から重い副作用について、十分な説明はなかったとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング