ダニエル太郎、第1セットを先取される[デビスカップ]

写真拡大

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ」ワールドグループ1回戦、日本対イタリア(2月2〜4日/日本・岩手県/屋内・ハードコート)の第1試合(シングルス)でダニエル太郎(日本/エイブル)とファビオ・フォニーニ(イタリア)が対戦。第1セットは4-6でフォニーニに先取されてしまった。

両者の対戦は今回が初めて。世界ランキング100位のダニエルが世界ランキング22位の格上フォニーニに立ち向かう形となる。

試合前に「フォニーニに勝つにはずっといいプレーをずっと続けなければいけないが、焦らずにいきたい」と語っていたダニエルは文字通り落ち着いたプレーを進め、第1セットをリードしていたが、終盤に追い上げてきたフォニーニに先取されてしまった。

第1セット、フォニーニのサーブから試合開始。第1ゲームでダニエルはいきなりブレークポイントを奪うと、直後のチャレンジに成功し第1ゲームをブレークする。続く第2ゲームではブレークバックされそうになるも、我慢のプレーでなんとかキープ。しかし第4ゲームでブレークされてしまい、イーブンにされてしまう。その後も第7ゲームでブレークに成功しても直後にブレークバックされてしまい、なかなか突き放すことができない。
ダニエルはここで踏ん張りたいところだったが、最後は第10ゲームにブレークされ、第1セットを4-6で先取されてしまった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は第1セットを先取されたダニエル太郎(「全豪オープン」のときのもの)
(Photo by Scott Barbour/Getty Images)