Microsoftは1日、オフィススイートの次期バージョン「Office 2019」を2018年後半にリリースすることを公式ブログで明らかにした。動作環境はWindows 10のみの対応になるという。

 プレビュー版は2018年第2四半期に提供予定。対象となる動作環境は、Windows 10でサポート中のSAC(Semi-Annual Channel)バージョン、Windows 10 EnterpriseのLTSC(Long-Term Servicing Channel)バージョン、Windows Serverの次期LTSCバージョンの3つのみとなる。

 また、インストーラーは提供されず、Click-to-Runのみでの提供となる。

 このほか、Office 2019のサポート期間は、固定ライフサイクルポリシーの例外として扱われ、5年のメインストリームサポートに続く延長サポートは約2年間しか提供されない。これは、現在提供している「Office 2016」の延長サポートが終了する2025年10月14日に終了を合わせるためだという。

2020年1月14日でWindows 8.1/7/Server 2016が「Office 365 ProPlus」のサポート外に

 また、「Office 365 ProPlus」のサポートポリシーについても変更されている。これにより、2020年1月14日より、以下のOSでの動作はサポートされなくなる。

 その対象となるのは、Windows 8.1/7と、Windows Server 2016以前、Windows 10のLTSCバージョン(2017年7月までは「LTSB(Long Term Servicing Branch」と呼ばれていたもの)。なお、Windows 10のサポート外の半期チャンネルバージョンでの動作もサポートされない。

 Microsoftではこの変更について「OfficeとWindowsの両方に最新の機能を備えた最も安全な環境を提供するため」としている。